シニアレジデント研修内容 循環器内科

循環器内科 科長 岡田正治

循環器内科の特徴

当院の循環器内科の活動範囲は循環器疾患の全領域にわたる。狭心症、急性心筋梗塞をはじめとする虚血性心疾患と不整脈疾患のカテーテル治療を2本柱とし、心不全、心筋症、弁膜症、高血圧性疾患などを扱い、腎炎、ネフローゼを代表とする腎疾患の診断治療も行っている。患者さんの高齢化に伴い、ひとりで複数の病気をかかえる方が多く、かつ重症化することも多い。そのためスタッフは 循環器内科医である前に内科医としての総合力を必要とされている。

また循環器内科は24時間救急が当然であり、当院では時間外診療は循環器当直が1次救急から責任を持ち、対応している。すなわち胸痛、動悸など心疾患を疑われる症例はすべて初診から対応し、また循環器内科以外でも薬物中毒、敗血性ショックなど全身管理を必要とする症例は循環器内科が対応している(救急部も兼任している)。循環器救急の救急車の搬入も多く、心肺蘇生の症例も多い。
虚血性心疾患では、完全慢性閉塞病変を含む冠動脈病変へのステント治療や、ロータブレーター、DCA治療を、不整脈・心不全疾患には高周波および冷凍凝固を用いたアブレーション、植込み型除細動器、両心室ペーシング(CRTD)などを中心とした治療を展開している。後期研修により、循環器救急への対応に加えて、虚血、不整脈、心不全に総合的かつ専門的に対応できる医師を養成する。

応募を検討の方は、科長 岡田正治まで御連絡下さい。

当科のレジデント教育の目標

将来どの科にすすむにせよ循環器疾患の知識は必須である。また救急医療において診断・治療で即決、即断の対応が最も必要とされるのは循環器領域である。当科の研修では1)病歴の詳細な聴取からはじまる的確な診断2)多彩な症例の経験3)救急医療に対応する能力の修得を目標に指導している。

シニアレジデント指導の実際

  1. 全体方針
    • 循環器専門医を目指すためにオールラウンドに循環器内科の検査、治療手技を経験いただく。症例は豊富で手術例も多いため日本循環器学会専門医研修施設、日本心血管インターベンション学会指導施設として認可されている。主治医としてひとり立ちし、緊急症例や重症例も積極的に受け持ち、外来や循環器当直も勤められることを目標にしている。
  2. 実際の指導態勢
    • 当院の循環器内科のスタッフは比較的年齢が若く、アクティブであり、レジデントの指導も熱心である。また看護師、検査技師、放射線技師、臨床工学士などのコメディカルの循環器病治療に対する意識も高く、勉強熱心である。その中にチームの一員として参加いただく。心臓カテーテル、不整脈治療、心エコー、シンチ・リハビリなど各分野で責任者から日々の診療の指導を受ける。CCUや病棟では部長やスタッフから常に診療内容のチェックと指導を受ける。緊急カテーテルもオンコール態勢に組み込まれる。またカンファレンスを通して症例の理解を深め、スタッフや心臓血管外科医からアドバイスを受ける。研究会、学会発表の機会も多いので、積極的に参加していただく。
  3. 将来の進路
    • シニアレジデント終了後スタッフとして採用されるかは、本人の研修態度とスタッフのポストがあるかどうかで決まる。当科は京都大学医学部循環器内科の関連病院なので、シニアレジデント終了後に本人の希望があれば、京大を通じて関連病院の就職を相談するのも可能である。
    • さらに当科は平成21年度に始まったマグネット病院連携を基盤とした専門医養成-京都大学を中心とした大学病院連携型高度医療人養成推進事業に参加している。この事業には京都大学以外に福井大学、滋賀医科大学、関西医科大学、神戸大学、香川大学も参加している。大学病院と市中病院が連携し若手医師のキャリア向上を目指すものである。