刊行物

滋賀のアーカイブズ

当室が年2回発行する情報紙。歴史的文書の紹介や企画展示・講演会の案内、その時々のニュース、県政史に関わるコラムなどを掲載しています。

創刊号(平成28年11月1日)

・創刊にあたって/県政史料室の紹介 P.2
・県所蔵の歴史的文書/その他の歴史資料 P.3~4
・【史料室の瓦版】有識者懇話会の開催/歴史的文書の選別収集 P.5
・【湖国こぼれ話】開化の鎚音 ―明治のインフラ整備― P.6~7
・催物案内/利用案内/アクセス P.8

  • PDF (PDF:2 MB)

第2号(平成29年3月1日)

・【講演要旨】未来に引き継ぐ公文書―時代を越えた共有資源―(井口和起)P.2
・【特集1】新たな公文書管理の方針案について P.3
・【特集2】「歴史的文書」目録検索の手引 P.4~5
・【史料室の瓦版】県内歴史的公文書等担当者会議の開催 P.5
・【湖国こぼれ話】神社に祀られた県令―籠手田安定の治水事業― P.6~7
・催し物案内/利用案内/アクセス P.8

  • PDF (PDF:2 MB)

第3号(平成29年10月2日)

・【特集】明治維新直後の行政組織 P.2~3
・【簿冊解説】社寺明細帳の成立 P.4
・【利用者の声】歴史的文書と自治体史編纂(近江八幡市)P.5
・【史料室の瓦版】戦後行政文書の目録入力作業 P.5
・【湖国こぼれ話】戊辰戦争の記憶―彦根招魂社の設立― P.6~7
・催し物案内/利用案内/アクセス P.8

  • PDF (PDF:7 MB)

第4号(平成30年3月12日)

・【講演録】彦根藩の明治維新(井伊岳夫) P.2~3
・【簿冊解説】府県史料『滋賀県史』 P.4
・【利用者の声】守山古文書講座の取り組み(左草宰)P.5
・【史料室の瓦版】県内歴史的公文書等担当者会議の開催 P.5
・【湖国こぼれ話】甲賀路をゆく関西鉄道 P.6~7
・催し物案内/利用案内/アクセス P.8

  • PDF (PDF:5 MB)

第5号(平成30年9月1日)

・【特集】明治150年特別展「湖国から見た明治維新」の開催 P.2~3
・【簿冊解説】「古社寺調書編冊」と文化財保護 P.4
・【利用者の声】明治期の西近江路(松野孝一) P.5
・【史料室の瓦版】展示スペースの拡張 P.5
・【湖国こぼれ話】明治時代の公文書管理 P.6~7
・催し物案内/利用案内/アクセス P.8

  • PDF (PDF:5 MB)

第6号(平成31年3月29日)

・【特集】滋賀県公文書等の管理に関する条例等の概要 P.2~3
・【講演録】琵琶湖の水運史―鉄道と汽船を中心に―(太田浩司) P.4~5
・【利用者の声】『近代滋賀の教育人物史』出版と滋賀県の教育史料(久保田重幸) P.6
・【史料室の瓦版】ツイッター始めました。 P.6
・【簿冊解説】滋賀県から見た琵琶湖疏水 P.7
・催し物案内/利用案内/アクセス P.8

  • PDF (PDF:6 MB)

湖国と文化

年4回発行されている文化情報誌の連載コラム。当室職員が執筆しています。

編集・発行 (公財)びわ湖芸術文化財団
判型 B5判
定価 630円(送料別途)

ホームページ

【歴史文書は語る】
1.栗生春実「歴史文書は語る」(137号、2011年10月)
2.東資子「江若鉄道」(138号、2012年1月)
3.生嶋輝美「公文書のなかの仏像」(139号、2012年4月)
4.栗生春実「明治の水産事業」(140号、2012年7月)
5.東資子「災害」(141号、2012年10月)
6.生嶋輝美「滋賀県の植林事業と山榿」(142号、2013年1月)
7.栗生春実「有形文化財となった県行政文書」(143号、2013年4月)
8.生嶋輝美「明治の彦根城」(144号、2013年7月)
9.工藤克洋「行政文書の整理・保存」(145号、2013年10月)
10.大月英雄「伊香相救社」(146号、2014年1月)
11.前原あやの「彦根測候所」(147号、2014年4月)
12.工藤克洋「国際ホテル」(148号、2014年7月)
13.大月英雄「彦根製糸場」(149号、2014年10月)
14.水島詩乃「鉄道路線構想」(150号、2015年1月)
15.大月英雄「初代県令松田道之」(151号、2015年4月)
16.杉原悠三「滋賀県庁舎」(152号、2015年7月)
17.大月英雄「瀬田川浚渫」(153号、2015年10月)
18.杉原悠三「GHQ」(154号、2016年1月)
19.松岡隆史「近江鉄道120年」(155号、2016年4月)
20.大月英雄「幻の坂井郡」(156号、2016年7月)

【歴史の玉手箱】
1.大月英雄「自由民権運動」(157号、2016年10月)
2.松岡隆史「スポーツ」(158号、2017年1月)
3.杉原悠三「明治期の漁業」(159号、2017年4月)
4.大月英雄「「未発」の米騒動」(160号、2017年7月)
5.岡本和己「瀬田唐橋」(161号、2017年10月)
6.杉原悠三「「国宝」誕生の軌跡」(162号、2018年1月)
7.大月英雄「第二代県令籠手田安定」(163号、2018年4月)
8.杉原悠三「福井県分置運動」(164号、2018年7月)
9.岡本和己「大津市誕生」(165号、2019年10月)
10.大月英雄「近江商人と近江米」(166号、2019年1月)
11.杉原悠三「京阪電鉄と京津電車」(167号、2019年4月)

公文書でたどる近代滋賀のあゆみ

庁内向け情報紙「県民情報室だより」や『湖国と文化』連載のコラムをまとめたもの。

企画・編集 滋賀県県政史料室
発行所 サンライズ出版株式会社
発行日 2013年9月1日
定価 1,200円+税

【目次】
1.滋賀県のはじまり
2.滋賀県からみた琵琶湖疏水
3.大津事件―露国皇太子の来県―
4.江若鉄道の開通まで―小浜の海へ続く鉄道の夢―
5.公文書のなかの仏像
6.琵琶湖の魚―明治の水産事業
7.姉川地震―明治42年の大震災―
8.災害への援助―関東大震災を中心に―
9.滋賀県の植林事業の山榿
10.統計と国勢調査
11.人々の暮らしと行政
12.日露戦争と滋賀県民
13.琵琶湖の汽船
14.明治の彦根城
15.外国貴賓の接待
16.滋賀県の郡役所

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」