滋賀県民経済計算

県民経済計算とは、一年度間の生産活動で新たに生み出された価値(付加価値)を、「生産」、「分配」、「支出」の三面からとらえることにより、県経済の規模と循環、構造を明らかにすることを目的とした総合的な経済指標です。

滋賀県民経済計算の概要

平成28年度(2016年度)滋賀県民経済計算の概要がまとまりましたので、公表します。

※統計表に誤りがありましたので修正しました。(令和元年(2019年)8月23日)

(表-4の「20 県内総生産」「21 開差」、表-12の「4.財貨サービスの移出入(純)・統計上の不突合」「5.県内総生産(支出側)」について、年度数値に一部誤り。)

主要指標

  • 県内総生産(名目): 6兆3,817億円(対前年度比3.2%増加)
  • 県内総生産(実質): 6兆1,560億円(対前年度比3.6%増加)
  • 県民所得(要素費用表示): 4兆4,936億円(対前年度比2.6%増加)
  • 1人あたり県民所得:318万1千円(対前年度比2.6%増加)

国民経済計算および各都道府県県民経済計算(内閣府公表)

お問い合わせ

滋賀県総合企画部統計課
電話番号:077-528-3397
FAX番号:077-528-4835
メールアドレス:cv0002@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」