みんなでプラスワン! vol.23 (広報誌滋賀プラスワン 令和元年(2019年)7・8月号 vol.180)

変わる滋賀 続く幸せ ~みんなでつくろう!「健康しが」

暑さ対策、万全に!

暑中お見舞い申し上げます。梅雨明けが待ち遠しいですね。いかがお過ごしですか? 

この時期の私の大好物は「赤紫蘇ジュース」です。直売所で購入する滋賀県産の赤紫蘇を大きな鍋で煮出し、砂糖少々とクエン酸を入れて特製ジュースを作り、冷やして頂きます。色も鮮やか、さっぱりして暑さを和らげてくれます。

皆さんの暑さ対策は何ですか? この時期の猛暑は「いのち」に関わることがあります。要注意です! 不要な外出は控え、直射日光を浴び続けることがないように心がけましょう。

外出の際は日傘や帽子を忘れずに。室内でも水分や塩分を適度に摂りながら過ごすことが大切です。

昨夏は特に暑い日が続きました。今年も5月から全国各地で真夏日が観測されるなど、地球温暖化が原因と思われる異常気象が懸念されます。

県では、気候変動適応法に基づき、「滋賀県気候変動適応センター」を、今年1月に設置しました。気温や自然災害、生態系や農林水産業、そして健康など、あらゆる面で気候変動の影響に適応していくための知恵や技術を集めています。

琵琶湖は? 冬の雪は? 雨は? 虫は? 草木は? アユは? 身近な暮らしの中で、日々、「変化」は起こっています。

地球全体のこと、未来のことを考えた、私たちの「今」の行動も大切にしていきましょう!

気候変動適応センターの看板を設置

県広報誌「滋賀プラスワン」は、点字版・音声版でも配布しています。音声版の「みんなでプラスワン!」のコーナーは三日月知事の朗読によりお聞きいただけます。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」