文字サイズ

食べよう! 広めよう! 滋賀の“おいしい!”

「おいしが うれしが」10周年

平成20年にスタートした滋賀の地産地消を推進する「おいしが うれしが」。10周年を迎える今年、皆さんと一緒にさらに盛り上げていきます!

image

滋賀の地産地消運動 「おいしが うれしが」

滋賀県と飲食店等が協働で取り組む地産地消を通じて、県民の皆さんの健康と県産農畜水産物の生産および販売を応援しています。「おいしが うれしが」には、滋賀の食材を食べた人の「おいしい」、つくった人の「うれしい」といった気持ちが込められています。

「おいしが うれしが」推進店

滋賀県産の食材やその加工食品(料理を含む)などを消費者に提供するお店を「おいしが うれしが」推進店といいます。推進店にはスーパーマーケットや農産物直売所、飲食店などが幅広く登録されており、近年は県外や海外のお店にも広がっています。

今後の展開

「健康長寿日本一の滋賀育ち」をキーワードにして県産食材を県内外に発信するとともに、滋賀の食材でもてなすプレミアムキャンペーン、首都圏でのメニューフェアや「滋賀めし」の開発、インスタグラム投稿キャンペーンを展開します。

推進店の検索や取組などに関する情報は「おいしが うれしが」ホームページをチェック。

滋賀県産は安心感と鮮度が違います!

(表)
株式会社 平和堂一般食品事業部 加工食品課チーフバイヤー奥村 篤司さん モリヤマメロン・彦根梨の果汁を使った限定販売のチューハイや、滋賀県産の大豆を使ったきな粉、「みずかがみ」のレトルトご飯や清酒など、会社をあげて滋賀県産の原料を使った商品開発を積極的に進めています。地元で生産されたものは生産者の顔が見え、生産地を私たちの目で確認できるので、安心感があります。
奥村 篤司さん
(表)
地元の産品の仕入れに力を入れています。滋賀の野菜は露地栽培が多く、秋冬作ではブロッコリー、キャベツ、白菜などが豊富に出回ります。特に霜が降りた後の白菜のおいしさは格別なんですよ。 株式会社 平和堂生鮮食品事業部 青果課チーフバイヤー武藤 貴信さん
武藤 貴信さん

滋賀の食材手帖 県産食材の魅力を紹介

県産食材の歴史やストーリー、地元ならではの調理方法、旬の時期や一般的な調理・保存方法、産地の情報を掲載しています。

産直ならではの新鮮さ!消費者と農家が出会う場に

(表)
ファーマーズ・マーケットおうみんち店長伊庭本 浩孝さん 毎朝農家さん自ら持ち込んだものが店頭に並ぶ、農家さん主体のファーマーズ・マーケットです。地元産の新鮮な野菜や果物はお買い得なものも多く、朝早くから開店を待つお客様の列ができるほど人気です。ふだん消費者と接する機会のない農家さんが、お客様の反応を肌で感じられる場でもあり、やる気につながっていると感じています。
伊庭本 浩孝さん

健康と地産地消

(表)
立命館大学 スポーツ健康科学部・同研究科教授 海老 久美子さんNPO 法人日本スポーツ栄養学会副会長。2014・2015 年度文部科学省「スーパー食育スクール(SSS)」に指定された立命館守山高校で食育のサポート等も実施。 海老教授が監修している料理。(びわ湖大津プリンスホテル「レイクビューダイニング ビオナ」)
海老 久美子さん

「作り手」と「食べ手」の距離が近づくと、食事は安全、安心へつながります。食材が持っている美味しさと栄養をあますことなく効率よく取り入れられると、素材で味が完結し、余分な味付けを必要とせず「余分なもの」の過剰摂取を防ぎます。地元のおいしいものを体で覚えていくことは、地域の健康づくりの大きな財産。各分野で強いこだわりを持つ生産者、商工業者、消費者が「食と健康」でつながり、思いを共有する。この「地産地消」の奥深い意味を「滋賀めし」で表現できればと思います。

10周年記念インスタグラム投稿キャンペーン開催

滋賀のおいしい!うれしい!ええトコ!

インスタ投稿大募集

#おいしがうれしが2019年1月31日(木曜日)まで

滋賀の郷土料理

「じゅんじゅん」特別メニュー企画

湖魚や牛・鶏・野菜を用い、すき焼き風に味付けをした滋賀独自の鍋料理「じゅんじゅん」。今回は「じゅんじゅん」をテーマにした滋賀の食材満載のメニューを県内の料亭や宿泊施設で味わっていただけます!

食べて健康いっぱい!滋賀めし

滋賀めし

滋賀県の多彩な食材の特徴などを活かし、塩分を増やさずに野菜などの摂取を増やすことを目標とした料理です。今後、様々な滋賀めしを開発し、皆さんに紹介します。

滋賀の「食」から「健康」を考えるフォーラム

日時:平成30年12月2日(日曜日) 13時30分~15時30分

場所:ビバシティホール (ビバシティ彦根内)

入場無料スポーツ栄養学の観点などから、健康的な日常生活を送るために必要な地域食材を活かした「食」について考えます。

お問い合わせ
知事公室 広報課 県庁食のブランド推進課
電話番号:077-528-3891
FAX番号:077-528-4881
メールアドレス:gc01@pref.shiga.lg.jp