滋賀の伝統料理 Trad Cooking

滋賀の伝統料理 Trad Cooking

焼き鯖そうめん

簡単で滋味豊かな湖北の味覚

かつては湖上や街道などを多くの物が行き交い、その代表が若狭から運ばれた鯖でした。湖北では、農家に嫁いだ娘を気遣い、田植えで忙しい時期に滋養豊富な保存食・焼き鯖を贈る「五月見舞い」という風習があります。長浜では曳山まつりでふるまう、ハレの日の御馳走でもあります。

シェフ長浜市在住の中山洋子さん(左)と二矢清子さん(右)

長浜市在住の中山洋子さん(左)と二矢清子さん(右)

トラッドビギナーズ私たちが伝統料理を教わります!Let's Cooking!
材料(4人分)

焼き鯖…1匹
そうめん…5束
青ねぎ…2本
生姜
(薄切り)…1かけ

【煮汁】
水…カップ1
酒…大さじ2
みりん…大さじ2
しょうゆ…大さじ3
砂糖…大さじ3

レシピ
焼き鯖を鍋で煮ているところを記載した画像です。
頭と尻尾も一緒に加えて煮ると、良いだしが出るそうです。
1

焼き鯖を煮る

焼き鯖を幅3センチほどに切る。煮汁と生姜を鍋に入れて煮立たせ、切った鯖を加えて10~15分ほど煮る。

2

そうめんを湯がく

そうめんをやや固めにゆで、冷たい流水で洗ってぬめりを取る。

3

盛りつけ

1.の鯖を皿に取り、煮汁をザルで漉す。この煮汁に水約100ccを加え、みりんやしょうゆで好みの味に調えて沸騰させ、 2.のそうめんを入れて煮汁を吸わせる。そうめんと鯖を盛り付け、青ねぎを添えて出来上がり。


焼き鯖を甘辛く炊いた汁で煮含ませたそうめんは、つけ麺ともにゅう麺ともひと味違う味わい!

焼き鯖そうめんFinish!

そうめんを巻いて波に見立てて盛りつけてもキレイですよ!

焼き鯖そうめんを食べてみて
15分程で完成!簡単に作れるところがいいですね。焼き鯖の風味とそうめんが見事にマッチしていて驚き!新感覚です!
焼き鯖は、鯖缶でも代用できますよ。そうめんをパスタにしても美味しいかも。
キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」