文字サイズ

選挙権年齢が18歳以上になります!私たちの声を、私たちの将来に

Let's go 選挙!
image
平成28年6月19日の後に公示される国政選挙から

平成27年6月に公職選挙法が改正され、平成28年6月19日から選挙権年齢が満20歳以上から満18歳以上に引き下げられることになりました。これを機会に、新たに選挙権を得る若い世代の皆さんと一緒に、選挙の意義や大切さを考えてみませんか。

自分たちの代表を自分たちで決めるのが「選挙」

社会や人々の暮らしが将来「こうあってほしい」という意見や思いを届けてくれる代表者を選ぶのが選挙です。今回、選挙権年齢が18歳以上になることで、全国で約240万人が新たに投票できるようになり、若い人達の声が政治に届くことが期待されています。

おとうさん

滋賀県の選挙の投票率って何%か知ってる?

おとこのこ

投票率? 何%だろう? わからないな…。

昭和26年には89.2%あった投票率が現在は46.5%と年々下がっているんだね

県議会議員選挙投票率の推移 [グラフ(1)]

おとうさん

例えば昨年の県議会議員選挙の投票率は46.5%! 年々下がっているんだ。
[※グラフ(1)]

おんなのこ

思っていたより低いんだね。でも私は18歳だから選挙権がないし関係ないわ。

おかあさん

そんなことはないわ。6月19日からは選挙権年齢が18歳以上になるのよ。

私たちの将来を考え家族で一緒に選挙に参加しよう!

おんなのこ

でも、私の一票なんて投票しても何も変わらないんじゃないかな…
[※グラフ(2)]

特に20代30代の若い世代の投票率が低いんだね

議院議員総選挙(小選挙区)における年代別投票率(全国) [グラフ(2)]

おかあさん

そうやって選挙に行かなくなると、若い人たちの意見が政治に反映されなくなってしまうわ。

おとうさん

みんなの未来を作る選挙だから、候補者やその政策を一緒に調べてみんなで選挙に行こう。

若い人たちの意見が政治に反映されるためにも

おとこのこ

若い人たちの有権者が増えるっていうことは、若い人たちの意見も政治に取り入れてもらえるのかな。

おかあさん

若い人たちの投票が増えたら、その意見も大切にされるようになるはずよ。
まずは、みんなの意見を届けるよう選挙に行かなくちゃ。

平成27年度選挙に関するアンケート

県内の高校2年生1万2千人以上が回答

(表)
有権者になれば選挙に行こうと思っているのか 行こうと思う約62% 行こうと思わない約28%
選挙権年齢の引き下げについてどう思っているのか よかった約28% わからない約42% よかったと思わない29%
政治に関心があるのか 関心がある約38% 関心がない約54%

アンケートの結果、政治が身近に感じられないのか、政治に関心がない若者の声が多かった一方で、選挙に行こうと思う若者は過半数を超えました。若者の投票が増えることにより様々な世代の声が政治に反映されることが期待されます。

この機会に家族でみんなの未来について話し合おう!
お問い合わせ
知事公室 広報課 県選挙管理委員会事務局
電話番号:077-528-3233
FAX番号:077-528-4820
メールアドレス:senkan@pref.shiga.lg.jp