文字サイズ

知事コラム

みんなでプラスワン vol.10

琵琶湖の価値と魅力、『ビワイチ』で体感!

皆さんも『ビワイチ』に挑戦しませんか?

みんなでプラスワン 滋賀県知事 三日月大造

この夏、私は、妻と、有志の仲間の皆さんと、初めて『ビワイチ』に挑戦しました。

八月十四~十五日。一泊二日の行程でした。自転車で琵琶湖を一周(約二一〇キロ)走破しました。

朝、滋賀県庁を出発!

起点の瀬田唐橋を渡り、東岸を北上します。まだまだ元気です。

大津から草津・守山・野洲を経由し近江八幡へ。

暑さと、腕・肩・腰・足と尻の痛さに負けそうになりますが、仲間と声かけ合い励まし合ってペダルをこぎ進みます。行き交うサイクリストとの挨拶も清々しく…。

さらに東近江から彦根、米原、長浜と北上。湖岸はバーベキューや水遊びする人びとで賑やか。

琵琶湖が多くの人びとに愛され親しまれていることを実感します。

湖北の風景は変化にも富みひときわ美しく…。疲れた身体を癒やしてくれます。「津」「浦」「浜」がつく地名の多さにも気づきます。まさに水辺のくらし、琵琶湖と人びととのつながりの象徴です。

マキノの湖岸で一泊。

二日目は高島から大津へ南下。「右手に比良比叡、左手に琵琶湖」の贅沢なコースです。

白鬚神社では、行程と人生の「無事・安全」を祈願します。鳥居越しに眺める琵琶湖の景色はまた素晴らしく…。

『ビワイチ』を完走しゴールした瞬間の充実感と達成感が最高です! 途中賜りましたご支援とご声援に感謝です。

走行環境や案内、支援体制など、まだまだ改善の必要があります。みんなで力を合わせて取り組んでいきます。

滋賀県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例も制定・施行され、自転車損害賠償保険等への加入も義務付けられました。

琵琶湖を真ん中に、安全で快適な自転車走行空間をつくり、「新しい豊かさ」をみんなで創造・実感していきましょう!

今、『ビワイチ』がオススメです!