平成26年度当初予算が決まりました

「住み心地日本一の滋賀」の実現に向けて

滋賀県の平成26年度の当初予算は、基本構想における未来戦略のめざす姿である「住み心地日本一の滋賀」の実現をめざすことを基本方針として予算編成を行った結果、一般会計では2年連続のプラス予算となり、7年ぶりに5000億円を上回る規模となりました。

また、そうした中でも持続可能な行財政基盤の確立に向け、財政健全化への取組も着実に進めていきます。

8つの未来戦略プロジェクト

平成26年度当初予算額


一般会計 5,153億円

(対前年度当初予算比 199億円増 ↑4.0%)
県税や地方交付税などを財源に、福祉や教育、社会資本整備など、県の主要な事業を行う会計


 

特別会計 1,951億円

(対前年度当初予算比 151億円減↓ 7.2%)
流域下水道事業や競艇事業など、一般会計と区別する必要がある独立した特定事業の会計
 


 

企業会計 382億円

(対前年度当初予算比 55億円増 ↑16.7%)
病院事業や水道用水供給事業などで民間企業のように独立して経営を行うための会計

※企業会計は収益的支出および資本的支出の合計を示しています。

当初予算額の推移(一般会計)

当初予算額の推移(一般会計)
ここがポイント

[1]未来戦略プロジェクトの推進

平成26年度は基本構想の計画期間最終年度として、目標達成に向けた仕上げの年となることから、「不安なく楽しく暮らせる滋賀」 「人と自然がつながる美しい滋賀」 「たくましく活力に満ちた滋賀」 「安全・安心な滋賀」 の実現に向けて、8つの未来戦略プロジェクトを強力に推進していきます。

ここがポイント

[2]財政健全化の推進

プライマリーバランスの推移(当初予算ベース)

平成26年度当初予算では、財政健全化に向けた取組を着実に進めることで、財政の健全性を示すプライマリーバランス(基礎的財政収支)が6年ぶりにプラスとなるとともに、臨時財政対策債(地方交付税に代わり県が発行している県債)を除いた実質的な県債残高についても減少する見込みとなりました。

ここがポイント

[3]スポーツと文化の10年

平成36年度に内々定した2巡目国体に向けたスポーツの力の育成や、滋賀県の潜在的な歴史・文化力を未来に活かす地域文化施策の強化に取り組む「スポーツと文化の10年」をスタートします。

一般会計予算(歳入)

単位:百万円

一般会計予算(歳入)

自主財源:県税、財産収入など県が自主的に収入できるもの
依存財源:地方交付税、国庫支出金など、国から交付されたり割り当てられたりするもの

県税アップ

個人県民税は、給与所得者の所得が前年度に比べ上回ると見込まれることに加え、株式等に係る軽減税率期間が終了し本則税率が適用されることなどから、26億円増の515億円を見込んでいます。

県債ダウン

前年度に比べ49億円減の808億円。このうち臨時財政対策債を除く県債は防災対策に増額して取り組むことなどから、1億円増の358億円を見込んでいます。

地方交付税アップ

公債費や社会保障関係費の増加を見込んで、前年度に比べ 82億円増の1,160億円と、3年ぶりに増加する見込みです。

一般会計予算(歳出 性質別)

単位:百万円

一般会計予算(歳出 性質別)
人件費ダウン

総額に占める割合が最も多い「人件費」は1,687億円で、知事部局の定数削減や職員構成の変動、退職金の水準引き下げなどにより、前年度に比べ13億円減少しています。

扶助費アップ

「扶助費」は455億円。社会保障関係経費の充実や自然増加等により、前年度に比べ18億円増加しています。

公債費

県債の返済に充てる「公債費」は824億円。元金償還の増加により、前年度より16億円増加しています。

県債残高の推移

県の借金=県債の変化は?

実質的な県債残高は、これまでの財政健全化への取組により、5年連続で減少する見込み となっています。

(注)平成24年度は決算額、平成25年度は最終予算額、平成26年度は当初予算額に基づく各年度末現在高見込額です。

県債残高の推移
用語解説

▶プライマリーバランス/県債を除く歳入と、県債の元利償還金を除く歳出との収支。黒字は県債の発行に頼らず県民の税負担などで支出がまかなえている状態。
▶県債/県の長期借入金。道路や橋など長期間使う施設の建設に必要な資金について、世代間の負担の公平をはかる側面もある。
▶扶助費/社会福祉を支えるための経費。生活保護費、乳幼児医療助成費など。
▶公債費/県債の返済に充てる費用。
 

お問い合わせ

知事公室 広報課 県庁財政課
電話番号:077-528-3181
FAX番号:077-528-481
メールアドレス:be00@pref.shiga.lg.jp
キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」