文字サイズ

地震、台風、テロ、感染症、原子力災害…
さまざまな危機から県民のみなさんのくらしを守るための拠点

「危機管理センター」着工

自助・共助・公助で被害を最小限に!

危機管理センターは、地震や台風・豪雨による災害、テロ、新型インフルエンザなど、県民のみなさんのくらしを脅かすような事案が発生したときに、自衛隊や警察、消防、DMAT(災害派遣医療チーム)、災害ボランティアセンターなどの防災関係機関が集結して、すばやく、的確な対応を行う「危機管理の拠点」となります。

日頃は、県民のみなさんや自主防災組織が、自助・共助で危機に対応できる力を高められるよう効果的な研修や交流を行う「情報の受信・発信の場」となります。

※自助:日頃の備えや災害時の避難などにより自分の身を守ること。
※共助:地域で避難や消火を行うなどみんなで助け合うこと。
※公助:行政や警察・消防などによる救助、物資提供等の公的支援。

危機管理センター着工

研修

  • 「自助」、「共助」の主役となる県民のみなさんを対象に、生活の中で災害などへの対応力を高めるためにはどのようにすればよいかなど、さまざまな研修を行います。
  • 被災経験者の知恵を活かした生活防災の取組事例などを通して、生きる力を伸ばす研修や、さまざまな危機について“正しく恐れ”、“正しく理解”する研修などを行います。

交流

  • 自主防災組織のリーダーや災害などへの対応に関心のある方が集まって、情報の交換や、交流ができる場を設けます。

展示

  • 日頃はベンチとして使い、災害時には炊き出し用のかまどとして使える手作りの「かまどベンチ」や、生活防災に役立つ情報についてのパネル展示を行います。
  • 防災イベントや訓練など、地域や団体で実施されている活動について広く発信するため、県民参加型の展示コーナーを設けます。

県庁本館の隣に 平成27年完成予定!

危機管理センター着工
災害などが発生→職員参集→情報収集、対応 1.オペレーションルーム 関係機関参集 2.災害対策室 →災害対策本部員会議 3.災害対策本部員会議室 →記者会見 4.プレスセンター 対策の実施→情報収集、対応
  1. オペレーションルーム
    初動対策班・関係機関が集まり、情報を収集したり、対策を考えたりする場所です。映像情報を有効に活用するため、大型スクリーン2面を設置します。
  2. 災害対策室
    自衛隊、警察、緊急消防援助隊など、防災関係機関の活動拠点となります。可動間仕切りで部屋数・大きさを調整できます。また、日頃は、県民のみなさんが、防災に関する知識を増やしたり、情報を交換したりするための研修や交流・展示などを行うスペースとなります。
  3. 災害対策本部員会議室
    本部員、関係機関などが集まり、総合的な対策方針について協議する部屋です。
  4. プレスセンター
    記者発表など報道機関への迅速な情報提供を行い、県民のみなさんに情報をお伝えします。

お問い合わせ

知事公室 広報課 防災危機管理局
電話番号:077-528-3430
FAX番号:077-528-4994
メールアドレス:asoo@pref.shiga.lg.jp