就労支援で新たな取組が始まっています

全員参加型社会で輝く滋賀をめざそう!

働きたいと思う人が、さまざまな働く場で自分の力を発揮することができる「全員参加型社会」を目指し、滋賀県は取組を進めています。
その一環として、県では未来を担う若者、子どもを産み育てながら働く意思を持つ女性を対象にした就労支援や人材育成を積極的に行っています。

働きたい気持ちを後押し

就職は夢や希望実現への第一歩であり、社会の一員としての役割を果たすことは、生きがいや幸福につながります。また若い世代がいきいきと働くことは、地域の持続的な発展にも欠かせません。こうしたことから、県では若者を対象とした「おうみ若者未来サポートセンター」や女性を対象とした「滋賀マザーズジョブステーション」を開設し、就労にいたるまでの相談や能力育成、求人情報の提供など、一貫した就労支援をワンストップで実施しています。

全員参加型社会の実現へ
(表)
人財名鑑(自己PRシート)を各企業に発送し、次回の企業交流会につなげます。 仕事を求める若者の熱い想いが詰まった人財名鑑。
人材名鑑(自己PRシート)を各企業に発送し、次回の企業交流会につなげます

人財名鑑(自己PRシート)を各企業に発送し、次回の企業交流会につなげます。

仕事を求める若者の熱い想いが詰まった人財名鑑

仕事を求める若者の熱い想いが詰まった人財名鑑。

女性の働きたいを応援!

滋賀マザーズジョブステーション

希望する働き方をめざして、それぞれのペースで何度でも相談できるのが利点。託児室があるのでお子さん連れでも安心。

滋賀県では出産や育児のために仕事を辞める女性が多く、女性の労働力率は30歳代で全国に比べ低くなっています(右グラフ参照)。経済の活性化のためにも女性の人材活用が必要となる中、再就職を希望する女性や子育てと仕事との両立に悩む女性、社会に一歩踏み出したい女性などを支援するために、職業適性診断や子育て支援情報の提供、就職に役立つ無料セミナー、職業紹介などを一カ所で行っています。相談・託児は無料。ぜひお気軽にお越しください。

子育て中のママはもちろん、「働きたい」「キャリアアップしたい」という女性も応援
(表)
子育て中のママはもちろん、「働きたい」「キャリアアップしたい」という女性も応援。「自分に何ができるか」ということから、専門のカウンセラーがアドバイスします。

女性の潜在力の活用が必要です!

少子高齢化が進展し、労働力人口が減少していくことが見込まれています。今後は、働きたい人が働ける環境を整え就業者数を少しでも増やすことが必要です。そのためにも、女性の就業率上昇、M字カーブ※の解消が課題となります。

※M字カーブ:日本人女性の年齢階級別の労働力率をグラフで表すと、20歳代でピークに達し、出産・育児期である30歳代で落ち込み、子育てが一段落した40歳代で再上昇して、「M」の形に似た曲線を描く傾向があります。

女性の労働力率
(表)
40~54歳の年齢層で全国より労働力率が高い傾向は変わらないが、25~39歳の若年層が全国に比べ低くなっている。結婚、出産、育児を理由として離職した女性が全国に比べて多い。
滋賀マザーズジョブステーション

滋賀マザーズジョブステーション

県立男女共同参画センター内
近江八幡市鷹飼町80-4
(JR近江八幡駅下車南口より500m)
■ 無料駐車場あり
■ 0748-36-1831(事前予約も可能)
■ 利用時間/午前9時~午後5時(受付は午後4時まで)
■ 休所日/月曜日、祝休日の翌日、年末年始、施設点検日
(ハローワークマザーズコーナーは異なります)

子どもも楽しく過ごせるので、時々来ています。近江八幡市 梶原さん 就職に役立つOAセミナーに来ました。甲賀市 髙橋さん
若者の働きたいを応援!

おうみ若者未来サポートセンター

担当制による個別支援、職業相談・紹介、キャリアカウンセリング、面接会、就労体験など、働きたい人を幅広い角度から応援。
近年、若者の正規就業率が減少し、非正規就業率が増加するという状態が続く一方、大手志向の若者は多く、大卒の求人倍率をみると、大企業と中小企業では6倍以上の差があり、雇用のミスマッチが課題となっています。そこでセンターでは、個人の思いや適性、経験などをもとに、その人に望ましいキャリアの選択や職業能力の開発を支援しています。センター内の「滋賀の“三方よし”人づくり推進センター」では、中小企業が求める人材の育成を実施するとともに、県内企業の魅力を若年求職者に伝え、双方のマッチング(企業交流会等)を行っています。

おうみ若者未来サポートセンター
(表)
おうみ若者未来サポートセンター【滋賀労働局との共同運営】草津市西渋川1丁目1-14 行岡第一ビル4階(JR草津駅西口より徒歩2分)■ 077-563-0301■ 利用時間/午前9時~午後5時■ 休所日/土曜日、日曜日、祝休日、年末年始

滋賀の“三方よし”人づくり推進センター

企業と若者との「出会い」を実現!滋賀県では、県内で仕事を求める若者と人手不足に悩む中小企業とを結びつけることにより、「求職者よし」・「企業よし」ひいては地域を活性化させる「地域よし」の“三方よし”が実現するよう取り組んでいます。平成22年度の事業開始からこれまでに230人を超える若者が県内企業に就職しています。

若い力を県内の中小企業へ!

共栄電機工業株式会社(大津市)

http://www.kyoeidenki.com/

半導体・FA関連の制御装置の設計やソフト開発などを行う企業。滋賀の“三方よし”人づくり事業に参画し、川島さんと出会い、平成25年春に採用しました。

若年求職者よし

学んだことは就活はもちろん、入社してからも役立っています!

川島 健史さん

共栄電機工業(株) 設計チーム 川島健史さん

かつて履歴書や身だしなみについてもわからないまま就職活動をしていましたが、センターで発声やグループワークなど様々な研修を受け、就労への姿勢が変わりました。就活に役立つことは、社会に入ってからも必要なことで、それが身に付けられました。企業交流会での出会いを経て、現在は、工場における生産工程の自動化(FA)向けに高付加価値の制御システムを開発すべく、やりがいを持って仕事に取り組んでいます。

県内中小企業よし

社会人としてのマナーや意識が身についた人材と出会え、 企業の魅力も高まる気がします。

駿同 宏敏さん

共栄電機工業(株) 社長 駿同 宏敏さん

挨拶やはきはき話すことなど、当たり前のことができない若者が多い現代にあって、センターではそういうことが自然にできる人材を育成されています。こうした人材との出会いがあって会社に良い社員が集まり、社員が自分に合った仕事をしてこそ、魅力ある企業になるのだと思います。

テクノカレッジ4月生募集

普通課程
(高卒以上の方):

(米原)生産システム制御科
[注:普通課程の申請書受付期間・1月8日(水曜日)まで]
(草津)自動車整備科・コンピュータ制御科

短期課程
(求職者の方):

(米原)木造建築科・金属加工技術コース・機械実践技術コース・溶接実践技術コース
(草津)服飾デザイン科・塗装技術科・溶接技術科

(知的障害者の方):

(草津)総合実務科
[注:総合実務科の第2次募集受付期間・1月22日(水曜日)まで]

テクノカレッジは、あなたの未来の夢を実現するための良きパートナーであり、力強いサポーターです。

お問い合わせ

滋賀県立高等技術専門校
■米原校舎(テクノカレッジ米原)電話:0749-52-5300
■草津校舎(テクノカレッジ草津)電話:077-564-3296
または、お近くの公共職業安定所(ハローワーク)でご相談ください。

相談無料・秘密厳守!!

労働に関する疑問・トラブルはありませんか?

「滋賀県労働相談所」をご利用ください。

■開設時間

月曜~金曜(平日)10時~20時(祝日)17時~20時

土曜・日曜 10時~16時

■労働相談ダイヤル

0120-967164(県内固定電話からのみ)

携帯電話からは 077-511-1402(通話料有料)

□お問い合わせ

県庁労働雇用政策課

電話:077-528-3751 FAX:077-528-4873 メール:fe00@pref.shiga.lg.jp

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」