文字サイズ

森林と共に育つ未来のために

「琵琶湖森林づくり県民税」が役立っています

県の面積の約半分(20万ヘクタール)を占める森林は、私たちの命と暮らしにとってなくてはならないものです。

「琵琶湖森林づくり県民税」が役立っています
栗東市立治田西小学校4年生の「やまのこ」での学習の風景

森を育てる 森と暮らしをつなぐ 暮らしでつかう

森を育てる 森と暮らしをつなぐ 暮らしで使う
環境保全を目的に、今ある森林を適切に管理し、また健康な森林づくりを行うため、調査や整備を実施。
活動内容
  • 手入れが進まない人工林の整備
  • 山林境界の明確化に対する支援
  • 動物被害の対策
  • 里山の整備
など
森林を守り育てるとともに、森林の恵みを県民の日常に届けるための事業・活動をサポート。
活動内容
  • 間伐材の搬出対策支援
  • 森林づくりの情報発信、参加機会の提供
  • NPO、地域の森づくり活動の支援
  • 森林環境学習の推進
など
森林を守り、地球温暖化を防止するため、木のぬくもりや良さをPRし、木製品利用による地産地消を促進。
活動内容
  • 小中高校での木製学習机の整備
  • 住宅や公共施設でのびわ湖材の利用
  • 森林資源の利用に関する開発・研究
など

山でしかできない体験「やまのこ」が第一歩

森と暮らしをつなぐ
長谷 泰男さん

日野町立日野小学校 教諭 長谷 泰男さん

当校では「みなくち子どもの森」で森の中を歩き、その体験を手作りの新聞の中で発表しています。山が近い子どもたちでも森や里山を歩く経験が少なく、鳥の声の違いや木が発するポップコーンのような独特の香りなど、山に入らないとわからない様々な体験をし、感動や関心を深めてそれを表現しています。保水実験は学校で行う「水」の学習の原点でもあり、理解を深める有意義な体験にもなりました。

森の土と校庭の土を比べた保水実験の写真
森の土と校庭の土を比べた保水実験
子どもたちが「やまのこ」学習で作ったクラフトの写真
子どもたちが「やまのこ」学習で作ったクラフト
平成25年度      琵琶湖森林づくり県民税の使いみち(予算)      総額 約8億5千万円      一人あたり年額800円税の使いみち      ※個人/1人年額800円      法人/資本金などの金額により年額2,200円~88,000円      ・環境重視      間伐などの森林整備410円      長伐期林への誘導13円      間伐材の利用43円      里山の整備68
日野町立日野小学校の子どもたちが作った「やまのこ新聞」の写真
日野町立日野小学校の子どもたちが作った「やまのこ新聞」

みんなで森林に関わる滋賀に

森林は美しいだけでなく、琵琶湖の水源として、また二酸化炭素を吸収して地球温暖化防止に役立ったり、土砂の流出を防ぐなど、様々な形で私たちの暮らしを健やかに保ってくれます。また、森林から生産される木材は、家や家具などの原材料として利用されます。しかし、時代とともに県産材の利用が減少し、手入れの不足した森林が見られるようになっています。

そこで、大切な森林を私たちの手で未来に引き継ぐため、みなさんからいただく「琵琶湖森林づくり県民税」が、里山整備や間伐材利用のほか、森林について理解を深めるための様々な取組に用いられています。

その中で、子どもたちがもっと森林に親しめるようにと平成19年から始まったのが、県内ほぼ全ての小学4年生が参加する森林環境学習「やまのこ」です。これは、森林に入って木や草花に触れるとともに、間伐などの林業体験を通して、森林の働きや林業について学ぶ取組です。幼い頃から森林に関心を抱き、県民みんなの課題や楽しみとして森林に関わることが、森林と私たちの未来を守ることになります。

森から生まれたしがの森の精ボズー(BOZU)

森から生まれたしがの森の精ボズー(BOZU)
原作:たなべひろし 制作:近藤 卓也

しがの森林をもっと身近に!

「琵琶湖森林づくり県民税」は森林と県民の暮らしをつなぐ活動・計画に用いられています

しがの森林をもっと身近に!

山の守役として頑張っています。

森を育てる
清原 猛史さん

高島市森林組合
技師 清原 猛史さん

森林所有者の方と話し合い、山の手入れを進める仕事をしています。具体的には、実際に山を見て歩いてから間伐や枝打ち、間伐材の搬出等の提案をさせて頂いています。

滋賀の山の約8割は私有林で、個人や集落等の所有。昨今は、所有者の世代交代などで、山の境界がわからなくなっていることも多くなりましたが、県民税事業を活用しながら、山の境界を明確にし、道をつけ、搬出間伐などを実施しています。手入れが完了してきれいになった山を見て所有者さんに喜んでいただけると、本当にやりがいを感じます。これからも地域の山の守役として、林業に携わっていきたいと思います。

県民の方々には、まず山や木に関心をいただけたらと思います。そして、木を使うことが、森を守ることにつながっていることを知ってほしいですね。

根気よく森林所有者の方と話し合いを進めます写真
根気よく森林所有者の方と 話し合いを進めます

滋賀の豊かな暮らしに合う県産材の家

暮らしでつかう
内保製材株式会社(右)社長 川瀬 之洋さん(左)専務 川瀬 文明さん

内保製材株式会社
(右)社長 川瀬 之洋さん
(左)専務 川瀬 文明さん

祖父の代から製材業と家づくりを営んでいます。高度成長期以降、外国産材の使用が広がる中で、「近くに木があるのになぜ使わないのか」という思いが芽生え、地元への恩返しも込め、県産材を中心に建築用に製材し、使っています。 木はどんな端材も何かに役立ちます。

木には断熱効果や、暖かみのある色、独特の良い香りなど良い点があり、地元の木を使うことは一層山の手入れにつながります。また、このような取組を行う工務店にとって、県民税事業による木造住宅への支援は心強いものとなっています。私たちも地元の工務店として、森と共生する豊かな暮らしを提供する役割を今後も担っていきたいと思います。

滋賀県産材を使った木の家の写真
滋賀県産材を使った木の家
木の香りがするモデルハウスではさまざまなイベントが行われていますの写真
木の香りがするモデルハウスではさまざまなイベントが行われています

滋賀県森林審議会委員を募集します

  • 任期:平成25年12月1日~平成27年11月30日の2年間
  • 募集人数:2人
  • 応募資格:県内に居住または通勤、通学する満20歳以上の方
  • 応募方法:「滋賀県森林審議会委員応募書」(所定の様式)に必要事項を記入のうえ、「今後の滋賀県の森林・林業」についての意見、提案を1,000字程度にまとめた「意見書」(任意の様式)を添えて、郵送、FAX、Eメール、持参のいずれかで県庁森林政策課まで。
  • しめきり:10月7日(月曜日)(必着)
  • お問い合わせ:下記の県庁森林政策課まで。
しがの森林をもっと知ろう関わろう

第8回森づくり交流会ふれあいフェスタ2013

しがの森にふれるチャンス!
参加費無料

10月5日(土曜日)10時00分~15時30分
場所
彦根市荒神山公園(彦根市日夏町4769)
(悪天候の場合は公園敷地内にある子どもセンターアリーナで実施)
林業技術の実演や展示、販売、ステージなど、森の魅力がいっぱい。森づくり交流会は初めてという方もお気軽に参加してください。

  • ステージイベント
  • チェーンソーアートの実演
  • 丸太ベンチづくり競技会
  • 県内森づくり団体による出展
森づくり交流会ふれあいフェスタ
写真は昨年の様子
抽選で切り株イスプレゼント
line
しがの森情報はこちら!

森づくりのことは「森づくりネット・しが」で!

県内各地で活動する森づくり活動団体の情報、イベントなどが検索できるサイトです。補助制度などについても解説しています。みなさんの森づくりにご活用ください。

森づくりネット・しが 画面
  • 森づくりの技術を教えて欲しい
  • 近くの森づくり団体はどこにあるの
  • 間伐をしたいけど機材が無い
  • 他の団体はどんなことをしているの

まずは「森づくりネット・しが」をご覧ください!

お問い合わせ

知事公室 広報課 県庁森林政策課
電話番号:077-528-3914
FAX番号:077-528-4886
メールアドレス:dj00@pref.shiga.lg.jp