文字サイズ

ふれあいプラスワン

一人ひとりの人権を大切に

滋賀の魅力あふれる商品が県内の作業所で作られています

障害のある人がやりがいを持ち いきいきと暮らすために

障害のある人が働く障害福祉サービス事業所(ここでは「作業所」といいます)では、数多くの魅力ある商品が作られ、「メイドイン滋賀」として多方面で評価されています。
障害のある人が地域でいきいきと暮らすためには、日々の生活の中に「働く」ことが位置づけられ、必要な所得を得られることが重要です。この機会に作業所の活動に関心を持ってみてください。

湖のくに生チーズケーキ&甲賀バウムクーヘン

工房chou-chou(シュシュ)

湖(こ)のくに生チーズケーキ
~滋賀の地酒きき酒粕~

「湖のくに生チーズケーキ 滋賀の地酒きき酒粕」は、滋賀の地酒の酒粕と、クリームチーズが一つになり熟成された生チーズケーキです。県民が誇れる滋賀のお土産を目指して作られたこの商品は、滋賀の6つの蔵元とのコラボレーションにより完成したもので、酒蔵ごとにお酒の個性が表われ、きき酒のように食べ比べが楽しめます。歴史ある滋賀の蔵元が揃ってスウィーツづくりに協力するのは初めてのこと。県内外での注目度は高く、昨年の「第4回スウィーツ甲子園」で準グランプリに輝いたほか、滋賀を代表する特産品「ココクールマザーレイク・セレクション2012」にも選ばれました。8月には新商品「湖のくに酒粕ビスコッティ」も発売になりました。

新商品「湖のくに酒粕ビスコッティ」の袋づめ

新商品「湖のくに酒粕ビスコッティ」の袋づめ

  • プレミアム(きき猪口入り 6蔵セット、ビスコッティ付)3,800円
    シンプル(プラスティックカップ入り 6蔵セット)2,000円
  • 東近江市平田町717-1
    TEL.0748-23-6483/FAX.0748-22-7188/9時~17時(土日祝休)
  • マックスバリュ東近江店・八日市店(東近江市)・駒井沢店(草津市)、大津プリンスホテル(大津市)などで販売。インターネット(メール)での注文もできます。

詳しくは工房ホームページをご覧ください。
http://www.chou-chou11.com(外部サイトへリンク)

甲賀バウムクーヘン工房

甲賀バウムクーヘン

「甲賀バウムクーヘン」は、地元産の素材である甲賀佐山産米粉や甲賀土山産地卵を使って一つずつ丁寧に手づくりされる、甲賀特産のお菓子です。ふんわりやわらかな食感と素朴な味わいで発売直後から人気を集め、現在では甲賀を代表するお土産として、地元の人々に愛され重宝される一品となっています。プレーン味の甲賀バウムクーヘンに続いて開発された、忍者が好んだとされる黒ごま入りの「甲賀口伝 忍法バウム~黒胡麻の術~」は、一昨年神戸で開かれた「第3回スウィーツ甲子園」で最優秀グランプリを獲得。忍者の知恵と甲賀の自然、二つの郷土の宝を現代のお菓子に再現し、甲賀市の観光PRや活性化にも一役買っています。

1本1本大切に焼き上げます

1本1本大切に焼き上げます

  • 甲賀バウムクーヘン(プレーン)980円
    甲賀口伝忍法バウム~黒胡麻の術~1,050円
  • 甲賀市甲賀町大久保541
    TEL.0748-88-5286/FAX.0748-88-3843/10時~16時30分(土日祝休)
  • 新名神甲賀土山SA(甲賀市)、びわ湖花街道(大津市)ほか甲賀市内各所で販売。ホームページからお取り寄せもできます。

詳しくは工房ホームページをご覧ください。
http://kokabaum.com(外部サイトへリンク)

県内に約150か所ある作業所は、障害のある人の働きの場として大きな役割を果たしており、食品やクラフト製品の製造、企業からの業務請負や下請け作業など様々な業務を行っています。
しかしながら、障害のある人が作業所で受け取る工賃は、平均で月に1万7千円余り(雇用契約を結び就労している人の賃金を含めた平均は月に2万3千円余り)と障害年金等の収入と合わせても自立した生活を営むには十分とは言えません。
このため県では、作業所で働く障害のある人の工賃向上につながるよう、取引先となる企業を増やすための商談会の開催、新規商品の企画、開発を進めるための個別コンサルティングなど、作業所の強みを引き出す地域に根ざした仕事づくりの支援を行っています。

障害者総合支援法に基づく障害福祉サービス事業所で働く人が受け取る収益の分配金を工賃と呼んでいます。(雇用契約を結んでいる場合は賃金となります。)

スウィーツ甲子園

「スウィーツ甲子園」とは
作業所で作られている商品(お菓子)の社会的認知度を高め、販路拡大につなげることを目的に、商品の質やアイデア等を競うコンテスト。23年度から滋賀県内の作業所も参加しています。

作業所の仕事おこしの仕掛人

誇れる「ものづくり」を通して 障害のある人たちを地域の働き手に。

市田 恭子さん

NPO法人滋賀県社会就労事業振興センター事務局長 市田 恭子さん

私たちは県の委託を受け、県内に150か所ほどある作業所を対象として、商品の開発や販路拡大、研修などのバックアップを行っています。作業所と企業を結ぶ中間支援の立場として心がけるのは、県民が誇れるようなしっかりしたものづくりをすること、そして商品づくりを通して働く人の力を引き出していくことです。作業所で働く障害のある人の工賃のアップは、本人の意欲の向上とスキルアップにつながり、社会に出るきっかけとなります。本人の持つ能力を最大限に発揮すれば障害のある人も地域に出て働き手となることができるのです。作業所で作られたことが前面に出たチャリティ的な売れ方ではなく、商品そのものが持つ魅力で売れて、市場で認められ、ここで働く人に幸せになってほしいという思いで作業所のみなさんと一緒に取り組んでいます。

12月3日~9日は「障害者週間」です。

新たな“可能性”・“仕事おこし”を提案します

入場無料

おこしやすB.A.P2013

おこしやすB.A.P2013

B.A.Pはビジネスアビリティプレゼンテーションの略で、作業所と企業のビジネスマッチングの場です。

12月11日(水曜日)11時00分~16時00分

琵琶湖ホテル 3階 瑠璃の間

お問い合わせ:県社会就労事業振興センター TEL077-566-8266 FAX077-566-8277

糸賀一雄 生誕100年記念事業協賛事業

入場無料

ぴかっtoアート展

ぴかっtoアート展
ぴかっtoアート展

2013年 11月30日(土曜日)~12月15日(日曜日)

[平日]10時00分~18時00分

[土・日]10時00分~20時00分

[会場]イオンモール草津 2階イオンホール

□お問い合わせ

県庁障害福祉課

TEL:077-528-3542 FAX:077-528-4853 MAIL:ec00@pref.shiga.lg.jp