滋賀県認証「環境こだわり農産物」

琵琶湖の水を守る、「環境こだわり農産物」を応援してください。

「こだわり農産物」をご存じですか?

農薬や化学肥料の使用を通常の50%以下に減らし、琵琶湖や周辺環境に配慮して栽培された農産物を県が認証したものです。消費者のみなさんに、より安全で安心な農産物を届けるとともに、滋賀の自然を守り、琵琶湖の水を美しく保つための取組が進められています。県民のみなさんもぜひ、応援してください。

「環境こだわり農産物」とは?

このマークご存じですか?環境こだわり農産物認証マーク

★農薬や化学肥料の使用量を通常の半分以下に減らしてする

★琵琶湖や周辺のに優しい技術でする

★いつ、どんな農薬や化学肥料を使用したか記録するなど

滋賀県は環境にやさしい農業の取組が日本トップクラス

「こだわり農産物」の栽培面積は年々増加し、平成23年度には、県産米の約37%が「環境こだわり米」となっています。このように滋賀県は、環境に優しい農業の取組が全国トップクラスの県。県民の誇りといえるのです。

環境にやさしい米づくりのベスト3第1位 滋賀県 10,381ha第2位 新潟県 8,061ha第3位 山形県 7,037ha平成23年度先進的営農活動支援交付金の対象面積

子どもたちにも安全・安心な「環境こだわり農産物」を使った給食が提供されています。 (多賀小学校にて)

「食べることで、びわ湖を守る。」 消費者の理解と協力が大切です

写真:京都府内の量販店で生産者らと一緒に「環境こだわり米」をPRしました。

「環境こだわり農業」を続けていくには生産者の努力に加えて、消費者のみなさんの理解と協力が必要です。私たちが、「環境こだわり農産物」を選び、「食べる」ことで、生産者を応援すると、それに応えて「環境こだわり農産物」の栽培面積がより増え、「琵琶湖の水環境を守る」ことにつながります。
昨秋からは、琵琶湖の水を飲み水に利用されている京阪神の方々を対象に、「環境こだわり農産物」への理解を深めていただくキャンペーンも実施しています。
お米だけでなく野菜や果物など、さまざまな種類がある「環境こだわり農産物」。県民のみなさんも、ぜひ「食べる」ことで、この取組を応援してください。認証マークが目印です。

*******

生産者も頑張ってます!

安全と琵琶湖の水を守るために手間を惜しみません。

滋賀県指導農業士会 会長 永田 勝巳 さん

「環境こだわり米」は、肥料・農薬を半減し、琵琶湖を守ることを目的に県内の多くの生産者が自ら取り組んできました。環境先進県・滋賀は、全国的に見ても取組が一歩進んでいます。草刈りや水の管理など手間はかかりますが、風通しの良い田で自然な作り方をするので、安全で粒が大きく味も質も良いお米になります。そして、さらに生産が増えれば、もっと琵琶湖の生態系を守れるので、多くの人に食べていただきたいです。

学校給食でも使用しています!

おいしく安全な「環境こだわり米」を食べ地域とのつながりを感じてほしい。

多賀小学校 栄養教諭 山本 幸代 さん

県内12市町の学校給食で「環境こだわり米」が取り入れられており、多賀町でも、平成13年から多賀町産の「環境こだわり米」を使っています。もともと平成元年頃から多賀町産の野菜を使っていたので、お米も地元の安全でおいしいものを食べさせたいという思いから始まりました。「環境こだわり米」は、つやつやしていておいしく、安全性や環境を考えて作られていることを、学習や給食の体験を通して子どもたちに知ってほしいと思います。また、地域と自分たちの生活との結びつきを、食によって身近に感じてもらいたいですね。

食べることで、びわ湖を守る。消費者→食べて応援→生産者→びわ湖をきれいに→びわ湖→人にやさしく→消費者「環境こだわり農業」についての詳細はこちらへ滋賀のおいしいコレクション検索
「環境こだわり農業」を子どもから大人までわかりやすく紹介するDVDを作りました。無料で配布できます。また、この内容は「インターネットTVしが」でもご覧になれます。インターネットTVしが検索

□お問い合わせ

県庁食のブランド推進課

TEL:077-528-3891 FAX:077-528-4882 MAIL:gc01@pref.shiga.lg.jp

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」