文字サイズ

語りつぐ、平和へのねがい---滋賀県平和祈念館オープン

滋賀県平和祈念館3月17日(土曜日)オープン

昭和の初め、私たちは戦争を経験しました。
15年にわたる戦争のあいだ、滋賀県でもいろいろなできごとがありました。
県内には戦争の記憶を伝える場所がいくつも残されています。
県では、平成5年から、多くのみなさんのご協力により、県民の戦争体験とそれにまつわる当時の資料を収集してきました。
これらの体験談や資料をもとに、戦争を体験した方々の思いや願いを感じ、平和への願いを受け継ぎ、未来へとつないでいくため、3月17日(土曜日)、滋賀県平和祈念館を東近江市に開館します。

施設概要

入館無料
開館時間:9時30分~17時
休館日:月・火曜日(祝日の場合は開館)、年末年始
所在地:東近江市下中野町431番地
アクセス:

  • 名神高速道路「八日市IC」から車で約10分
  • JR琵琶湖線(東海道線)彦根駅または近江八幡駅乗り換え、近江鉄道八日市駅からバスで約20分「愛東支所・診療所前」下車すぐ

TEL:0749-46-0300
FAX:0749-46-0350

資料写真:「出征兵士の見送り・今津港」写真協力:高島市教育委員会(石井田勘二撮影)「廃品集め・梅干し集め」
館内イメージイラスト考える・深める○知識や考えを深める[企画展示]テーマごとに展示された滋賀県の人々の体験談や資料から、戦争の悲惨さや平和の尊さを考えます。また解説や話を聞いて知識や考えを深めることができます。発信する・交流する○体験する・発信する・交流する[地域交流室・研修室]講座やワークショップなどを通して、平和について体験的に学べます。知る・感じる○身近な地域の出来事を知る[基本展示]戦時
資料写真:「少年通信兵募集ポスター」
前田 絵理香さん
滋賀県平和祈念館ボランティア 前田 絵理香さん(東近江市)

きちんと知って、伝えることが私の使命

子どものころ、母親から「戦争当時、八日市に飛行場があった」と聞き驚きました。今では飛行場は跡形もなく、飛行機を隠すための掩体壕が残っているだけ。自分が住んでいるまちの歴史をきちんと知り、伝えていきたいという思いから、ボランティアに応募しました。
今は36人のボランティアが体験談の聞き取りやフィールドワークを進めています。私も生前の祖父にもっと戦争の話を聞いておけばよかったと悔やまれますが、ボランティアとして平和への思いを次の世代に伝えていくことが使命と感じています。
一人でも多くの方が平和を考える第一歩となるよう、私自身の驚きや発見をもとに、身近な目線で伝えたいと思います。

ボランティアを募集しています

滋賀県平和祈念館の活動に参加いただけるボランティアを募集しています。
詳しくは下記までお問い合わせください。

開会記念イベント:家族みんなでご参加ください

3月17日(土曜日)

一般来場者は14時から

(表)
15時~ 戦時食の試食【無料】先着300食
15時30分~ ワークショップ【無料】(1階地域交流室)、・平和祈念館ボランティアによる紙芝居・絵本の読み聞かせ、・ピース缶バッジづくり ~平和への思いを表そう~

3月18日(日曜日)

(表)
10時~、15時~ ・平和祈念館ボランティアによる紙芝居・絵本の読み聞かせ、・ピース缶バッジづくり ~平和への思いを表そう~、【無料】(1階地域交流室)
11時~ ・食を考える戦時食づくり(定員30名)、【参加費100円】(愛東コミュニティセンター)、・環境と平和を考えるアロマキャンドルづくり(定員30名)、【参加費400円】(あいとうエコプラザ「菜の花館」)
12時~ ・あいとう芋煮なべ 炊き出し(300食)、【無料】(平和祈念館前駐車場)
13時30分~ ・「くくる(心)」ミニコンサート、沖縄の歌と踊りを平和への願いを込めてお届けします、【無料】

※申し込みは氏名・住所・電話番号を記載のうえ、滋賀県平和祈念館あてに、郵送またはファックス・メールでお申し込みください。

□お問い合わせ

滋賀県平和祈念館 〒527-0157 東近江市下中野町431番地
電話:0749-46-0300 FAX:0749-46-0350 メール:heiwa@pref.shiga.lg.jp