「びわ湖の日」30周年 未来につなごう琵琶湖の恵み 今、私たちにできること

「びわ湖の日」が制定されて今年で30周年を迎えました。

節目となる今年、琵琶湖の豊かな恵みを未来に引き継いでいくために、 私たちに何ができるか一緒に考えてみましょう。

お父さん「今日7月1日は何の日か知ってる?」歩優ちゃん「え~知らない。何の日だろう?」お母さん「「びわ湖の日」よ。今年で30周年なんだって。昔、琵琶湖の水をきれいにしようという運動があって、それをきっかけにこの日ができたらしいわよ。」

「びわ湖の日」制定から現在まで

県民が一つにつながり琵琶湖を守る

今から30年ほど前、琵琶湖では大規模な赤潮が発生するなど水質悪化が問題になりました。赤潮の原因の一つは、当時の合成洗剤に含まれていた「リン」という物質でした。赤潮発生を機に県民が主体となって合成洗剤の代わりに粉石けんを使う取り組み(「石けん運動」)を始めました。

石けん運動が県全体で高まりを見せる中、滋賀県もリンを含む家庭用の合成洗剤の使用の禁止や、工場排水に含まれるリンの規制などを定めた「滋賀県琵琶湖の富栄養化の防止に関する条例」(琵琶湖条例)を1980年7月1日に施行しました。そして、翌年、同条例の施行1周年を記念し7月1日を「びわ湖の日」に定めました。

「びわ湖の日」ができて今年で30年、湖岸一斉清掃など琵琶湖の環境を守る取り組みが県内で毎年続けられています。

※赤潮…水中のプランクトンが大量に増えることにより、海や湖沼が赤褐色に変わる現象。琵琶湖で発生するのは淡水赤潮。プランクトンのえさとなる窒素やリンの増加(富栄養化)が赤潮の主な原因といわれ、赤潮が発生すると、魚介類などが死んだり、飲み水に異臭が生じるなど生活にさまざまな影響を与えます。

「石けん運動」が結んだ琵琶湖を大切にする県民の思い

赤潮が発生したあの日、家中に湖からの悪臭がこもり蛇口をひねったら茶褐色の水が流れてきました。それまで赤潮は海で発生するものだと思っていたので、「まさか琵琶湖で」と、言葉を失うくらい驚きました。
琵琶湖で赤潮が起きる数年前から、私は地元の婦人会を通して、合成洗剤が健康に及ぼす影響を訴え、石けんの使用を勧める運動に取り組んでいました。合成洗剤に含まれるリンが赤潮の一因と報道された後は、他の構成団体などと共に「びわ湖会議(旧:「びわ湖を守る水環境保全県民運動」県連絡会議)が結成され、琵琶湖の水を守るために石けんを使う「石けん運動」を県民へ呼びかけました。
当時は、毎晩のように町内の集会所などで合成洗剤より石けんの方が洗浄力、環境への安全性で上回っていることを説明して回りました。毎回主婦の方を中心にたくさんの方が会場に詰めかけ、まさに「打てば響く」で石けん運動が県全体に浸透し、ついには琵琶湖条例の施行へとつながりました。滋賀県が環境県として一歩を踏み出す一助になれたことは今も誇りに思います。
琵琶湖条例ができて30年余、現在は県内人口も急増し、また、新たな環境問題への対応も求められ、石けんさえ使えばいいという時代ではありません。例えば、洗剤の使用量を減らし家庭廃水をできるだけ少なくするなど、一人ひとりが日々の暮らしを見つめ直し、琵琶湖のために行動することが必要じゃないでしょうか。琵琶湖を大切にする精神をこれからも若い世代に引き継いでもらい、きれいな水を守り続けてほしいですね。

林 美津子さん
元びわ湖会議 事務局長 林 美津子さん
石けんの洗い比べ
洗濯機を2台使って合成洗剤と石けんの洗い比べを実演
琵琶湖を守るために今までこんなことに取り組んできました「『びわ湖の日』は今年30周年だけど、今まで県内ではどんな環境活動をしてきたのかな?」
県民湖岸清掃7月1日「びわ湖の日」を中心に県下一斉清掃を実施し、毎年約13万人が参加しています。企業ヨシ刈り昔から、冬に刈り取りを行うと、次の年に立派なヨシがとれると言われています。生きものの住みかや水質浄化の役割を持つヨシを守るため、県内の企業では琵琶湖周辺のヨシ刈りに取り組んでいます。この活動を始めて今年で13年目を迎える滋賀銀行では、毎回1,000名を超える社員が参加しています。漁師外来魚駆
県森林の保全整備水源かん養など、森林のもつ多様な機能を高めるため、間伐や里山保全など森林を守る取り組みを林業関係者、企業、NPOなどとともに進めています。※森林が育んだ土に、雨水がスポンジのように吸収され、土の中をゆっくり流れることで、洪水や渇水を和らげること。魚のゆりかご水田プロジェクト琵琶湖と水田を魚が行き来し、産卵・成育できるかつての水田環境を取り戻そうと、地域住民が一体となって活動してい
「これまでさまざまな人たちの努力があったからこそ、私たちは今、きれいな水を使えるんだよ。これから私たちができることは何だろうね?」「普段の暮らしからできることがあるみたいよ。次のページで見てみましょう。」

「びわ湖の日」 30周年から未来へ

「びわ湖の日」30周年の節目となる今年、滋賀県では琵琶湖の価値や「びわ湖の日」の意義をより多くの県民のみなさんに考えていただくきっかけとするため、これまでも取り組んできた「琵琶湖をきれいにする」活動に加え、「豊かな琵琶湖を取り戻す」「琵琶湖にもっと関わる」という3つの視点で活動を進めていきます。

暮らしの中から琵琶湖の環境を守ろう

琵琶湖の環境を守る取り組みは、湖岸清掃やヨシ刈りなど琵琶湖で行うものだけではありません。普段の暮らしの中でもできることがたくさんあります。ここでは琵琶湖の環境保全につながる日常生活のヒントを紹介。
今日からさっそく始めてみましょう。

琵琶湖をきれいにしよう

  • 調理くずをそのまま流さず、水切り袋などで取り除く。
  • 米のとぎ汁、牛乳パックの洗い水などは植木にまく。
  • シャンプーやリンスの使用量をできるだけ少なくする。
  • 食器の汚れは古布などで落としてから洗うなど
「私にもできそうなことがたくさんあるよ。」

豊かな琵琶湖を取り戻そう

  • 琵琶湖にどんな生き物がいるか調べてみる。
  • 琵琶湖や川を守るボランティアや環境保全活動に参加する。
  • 釣った外来魚は再放流せず、美味しく食べたり、回収箱に入れるなど。
体験中の様子
水中にたくさん繁殖し水質にも影響を与える水草の刈り取りや取り上げなどを体験。
「釣った外来魚は琵琶湖に戻したらダメなんだね。」

琵琶湖にもっと関わろう

  • 小鮎の佃煮や鮒寿司など琵琶湖の魚の料理を食べる機会を増やす。
  • 琵琶湖や川に出かけ、水に触れたり遊んだりする機会を増やすなど。
稚魚を放流している写真
異常繁茂している南湖の水草を減らすため、草食性で絶滅のおそれのある琵琶湖の固有種ワタカの稚魚を放流。

琵琶湖に触れ環境を守る大切さを学ぶ びわ湖フローティングスクール

琵琶湖への関わり方は人によって様々ですが、滋賀県が環境教育の一環として行っている「びわ湖フローティングスクール」もその一つです。毎年4月~翌年2月の間、県内の小学5年生を対象に実施。学習船「うみのこ」に乗り、一泊二日で琵琶湖にいる生き物や水質の調査などを行います。
1983年から始まったこの事業には、これまで約45万人の子どもたちが参加し、環境を守る心を育んできました。

「湖の子」水調べ
水槽を使った「湖の子」水調べ。細長い水槽の中に立てた文字板を側面からのぞくことで、透明度を観察します
「ちょっとした生活の工夫や心がけで環境を守れるのね。今日からさっそくわが家でもはじめるわよ!」「これからも、もっと琵琶湖や川で生きものと触れあいたいな。」「この間、学校の給食で小鮎が出ておいしかったな~。琵琶湖の魚を家でも食べてみたいなあ。」「じゃあ、湖魚料理を作ってみよう!」

びわ湖の日30周年記念シンポジウム

日時:2011年7月10日(日曜日) 13時15分~16時40分 参加無料

  • 会場:ピアザ淡海ピアザホール(大津市におの浜1-1-20)
  • 内容:基調講演「里山 未来におくる風景」講師:今森光彦さん、知事との対談、県内外の環境保全活動の取り組みをパネルで紹介する展示コーナーなど
  • 定員:400人(先着順)
  • 申し込み不要
うぉーたん「参加した人には滋賀県の名産品や記念グッズなどがあたるよ。」

マザーレイク滋賀応援寄附条例

滋賀県では琵琶湖の自然環境と滋賀の文化的資産を未来に引き継ぐため、「マザーレイク滋賀応援寄附条例」を制定し、個人、団体から広く寄附金を募っています。お寄せいただいた寄附金は、琵琶湖の環境保全をはじめ子どもたちの体験学習である「びわ湖フローティングスクール」やワタカの放流などさまざまな事業に活用されています。 みなさんの応援の寄附をお待ちしています。

□お問い合わせ
県庁企画調整課
電話:077-528-3310 FAX:077-528-4830
HP:http://www.pref.shiga.lg.jp/a/kikaku/

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」