文字サイズ

高病原性鳥インフルエンザにかかる焼却処理の終了について

高病原性鳥インフルエンザにかかる焼却処理が、1月23日(月)20時30分に終了しましたので、お知らせします。

 

1.焼却日時

  • 焼却炉投入開始1月22日(日)13時23分

2.焼却対象物

鶏:3,582羽(殺処分3,571羽と検査時死亡鶏11羽を合わせた羽数)

鶏卵:約625kg

飼料:約7,000kg

3.焼却場所

大津市内の焼却施設

4.今後の予定

  • 農場消毒2回目1月30日(月)、3回目2月6日(月)

その他

・我が国において、家きんの肉や卵を食べることにより、人が鳥インフルエンザウイルスに感染する可能性はないと考えられています。

・農場に対する取材は、農家の方のプライバシーを侵害しかねないことから、厳に慎んでいただきますよう、よろしくお願いいたします。

・今後とも、迅速で正確な情報提供に努めますので、生産者等の関係者が根拠のない噂などにより混乱することがないよう、御協力をお願いします。

これまでの経緯は次のページをご覧ください。

高病原性鳥インフルエンザに関する情報

お問い合わせ
農政水産部・防災危機管理局
電話番号:077-528-3861