文字サイズ

滋賀県文化芸術関係者実態把握アンケートを実施します!

新型コロナウイルス感染症の影響により、県内の文化芸術関係者は、活動機会や収入を失うなどの大きな影響を受けました。とりわけ、職業として文化芸術に携わる文化芸術関係者においては、生計の維持が困難になるなど、活動(事業)継続にも支障が生じる事態となりました。

そこで、滋賀県では、文化芸術関係者の持続的な活動に向けた課題やニーズを把握し、そこから施策を検討するため、その基礎情報となる活動実態を把握するアンケートを実施します。

対象者は、文化芸術の直接的な表現者だけではなく、文化芸術に関わる方(プロデューサー、キュレーター、テクニカル等)や施設(劇場、ライブハウス、美術館等)で働く方も含みます。

みなさまからお寄せいただいた回答が、今後の施策の検討・実現へと繋がっていきます。ぜひ御協力をお願いします。

※本アンケートはオンライン調査となりますので、下記URLから御回答をお願いします。アンケートは個人用と団体・事業者用の2種類があります。

対象者

県内在住もしくは県内に活動拠点のある文化芸術関係者の方全てを対象としています。(プロ・アマは問いません)
文化芸術の直接的な表現者だけではなく、文化芸術に関わる方(プロデューサー、キュレーター、テクニカル等)や施設(劇場、ライブハウス、美術館等)で働く方も含みます。

個人用アンケート

回答はこちらからお願いします↓

https://ttzk.graffer.jp/pref-shiga/smart-apply/surveys/0532464465024598805

【個人用の対象者】
・実演家(歌手、奏者、俳優、舞踊家など)
・創作者(作曲家、劇作家、振付家、美術家、映画・映像作家など)
・制作者(プロデューサー、マネージャー、コーディネーターなど)
・技術者(舞台・照明・音響スタッフ、衣装・道具製作、展示運営など)など

※こちらは、個人用のアンケートです。団体・事業者の代表者の方は、個人用に加えて、団体・事業者用アンケートにも御協力ください。団体の構成員や事業者の従業員は個人用アンケートに御回答ください。

団体・事業者用アンケート

回答はこちらからお願いします↓

https://ttzk.graffer.jp/pref-shiga/smart-apply/surveys/1451628247799054976

【団体・事業者用の対象者】「営利・非営利」は不問です。
・実演に関わる団体・事業所(オーケストラ、劇団、舞踊団など)
・制作に関わる団体・事業所(プロダクション、プロモーター、イベント制作会社など)
・技術に関わる団体・事業所(舞台・照明・音響技術管理会社、設営業者、楽器屋など)
・施設に関わる団体・事業所(ホール、劇場、ライブハウス、美術館、ギャラリー、映画館など)
・教授に関わる団体・事業所(教室、稽古、専門・専修学校、養成所など)
・サービスに関わる団体・事業所(文化芸術に関わる委託サービスや人材派遣など)など

※こちらは、団体・事業者用のアンケートです。1団体・事業者につき1回答とします。なお、団体や事業者の代表者は、この団体・事業者用に加えて、個人用のアンケートにも御協力ください。

回答〆切

令和4年(2022年)11月20日(日)まで

期限延長しました!!

その他

いただいた回答は個人が特定されない形で統計的に処理・分析します。またその結果は、幅広い議論のきっかけとするため、滋賀県のHPで公開する予定です。

お問い合わせ
文化スポーツ部 文化芸術振興課
電話番号:077-528-3345
FAX番号:077-528-4833
メールアドレス:sc0001@pref.shiga.lg.jp