文字サイズ

ここ滋賀は10月29日に開館4周年を迎えます!

 ここ滋賀は、令和3年10月29日をもって4周年を迎えます。これを記念して、前後1か月にわたり「滋賀の歴史・文化と食の発信」をテーマに関係団体との連携のもとその魅力をここ滋賀内外で発信し、4周年を盛り上げます。また、日頃のご愛顧に感謝して購入金額に応じ、次回のお買い物でご利用いただける割引クーポン券を配布し、県産品の販売促進を図ります。

・場所 ここ滋賀(東京都中央区日本橋2-7-1)

<歴史、文化の発信・体感>

○比叡山延暦寺・最澄ゆかりの大津観光キャンペーン(共催:大津市)10/12(火)~11/14(日)
伝教大師最澄が亡くなり1200年の節目の年に東京国立博物館で特別展「最澄と天台宗のすべて」が開催されるのに合わせ、最澄ゆかりの大津に関する写真展示などを実施。11/6(土)、11/7(日)には比叡山延暦寺より僧侶を招き、写経体験を開催します(申込不要詳しくは別添参照)。

〇信楽焼発信イベント(共催:滋賀県中小企業団体中央会協力:信楽陶器工業組合)10/31(日)~11/3(祝・水)
10/31(日)、11/3(祝・水)には昨年大人気だった信楽焼たぬきの制作体験ができるワークショップを都内の小学生向けに、ここ滋賀屋上テラスにて開催。また、11/1(月)、11/2(火)には日本橋浜町にある「HAMACHO HOTEL」内の「TOKYO CRAFT ROOM」にて信楽焼陶器の絵付け体験を開催します(いずれも申込必要詳しくは別添参照)。

〇「ビワイチ」フェア(協力:滋賀プラス・サイクル推進協議会)10/1(金)~10/31(日)
店頭でのビワイチアイテムの販売や店内サイネージや階段展示室でビワイチ関連の映像放映やパネルを設置。10/30(土)、10/31(日)にはビワイチ相談会を開催。また屋上の琵琶湖写真をバックに実車と一緒に写真が撮れるイベントでビワイチ気分を体験できます(申込不要)。

 

<滋賀の食の発信・体感>

○4周年特別ディナーイベント「醸す~酢醸造場と鮨の達人~」 10/30(土)ディナータイム
新しい発酵の形を提案する鮨職人「酢飯屋」店主の岡田氏と、江戸時代から続く、高島市の老舗醸造場「淡海酢」がコラボし、発酵の魅力を伝えるスペシャルディナーイベントを開催します(申込必要詳しくは別添参照)。

〇Connect-Shiga「滋賀のおいしい食を楽しむ」10/30(土)ランチタイム
首都圏における滋賀とのつながりづくりを図るConnect-Shigaワークショップを「滋賀のおいしい食を楽しむ」をテーマに2階日本橋 滋乃味にて開催します。

〇近江肉牛協会70周年記念「近江牛」フェア(協賛:近江肉牛協会)11/1(月)~11/30(火)
近江肉牛協会が今年で70周年を迎えることを記念して、店内で「近江牛」フェアを開催。また、11/15(月)~11/30(火)までは2F日本橋 滋乃味にて高品質な近江牛ランチを特別価格で提供するとともに、11/27(土)~11/30(火)には店頭での精肉販売も行います(詳しくは別添参照)。

 

<滋賀県商品の販売促進>

店内商品を2000円(税込)以上お買い上げいただいた際に、次回のお買い物の際に使える割引クーポンを配布します(詳しくは別添参照)。

 

<ここ滋賀店舗以外でのイベント>
1.10/28(木)、29(金)に歌舞伎座で開催される「石田三成のふるさと湖北・長浜」(主催:長浜市)に出店し、県産品の販売を通じた魅力発信を行います。
2.11/13(土)、27(土)に「世界遺産をめざす彦根城の価値」をテーマに滋賀の戦国時代の魅力を発信する講座を、滋賀県情報発信拠点外施設であるINBOUND LEAGUE(新宿)で開催します。

お問い合わせ
ここ滋賀(日本橋オフィス)
電話番号:03-6225-2951
FAX番号:03-6225-2950
メールアドレス:cocoshiga@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。