文字サイズ

令和元年の県内の医薬品生産金額が過去最高になりました!

 滋賀県の製薬業は、古い歴史と伝統を持っており、国内有数の医薬品等の生産県です。

 本県では、薬業技術振興センターにおいて、薬業の振興と、企業に対する製薬技術の向上支援を行っています。

 令和元年の薬事工業生産動態統計調査によると、本県の医薬品の生産金額は、過去最高の5,449億円(平成30年比2.7倍、3,405億円増)となり、全国順位は11位から5位に、全国シェアは3.0%から5.7%へと大きく増加しました。

 また、薬事関連製品(医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器)の総生産金額は8,218億円で、こちらも過去最高額でした。

 

詳しくは以下のHPのURL(http://www.pref.shiga.lg.jp/yakugyo/gyoukai/306423.html)をご覧ください。

令和元年滋賀県薬事工業生産動態統計

●統計資料の元データ

 統計法に基づく薬事工業生産動態統計調査規則によって行われた令和元年(1月~12月)の調査結果のうち、滋賀県分のデータを厚生労働省から入手して集計しました。

 なお、化粧品のデータは、経済産業省生産動態統計年報 化学工業統計編より引用しました。

 

●統計調査の目的・範囲

 この調査は、医薬品、医薬部外品、医療機器及び再生医療等製品の生産等の実態を明らかにすることを目的とし、その客体範囲は、医薬品医療機器法の規定により許可を受けた製造販売業者です。

 なお、2019 年1月分以降の調査から、製造業者が客体範囲から除外されました。

 

●集計方法の変更点

 平成30年調査までは、製造販売業者が他社に製造委託している場合、委受託関係を確認して、原則製造業者が所在する都道府県に生産額を計上されていたが、委受託関係が確認できない場合は、製造販売業者が所在する都道府県に計上されていました。

 令和元年調査からは、製造販売業者から委託先の製造業者情報も含めて報告し、生産金額は全て製造業者が所在する都道府県に計上されています。

 

●統計調査結果の概要

  1. 医薬品の生産金額は、昨年比2.7倍の5,449億円(+3,405億円)となり、全国順位は11位→5位、全国シェアは3.0%→5.7%と大きく増加しました。
  2. 医薬部外品の生産金額は、386億円で昨年より212億円(-35%)減少しました。
  3. 医療機器の生産金額は、401億円で昨年より45億円(+28%)増加しました。
  4. 化粧品の生産額は、1,982億円(+436億円)で過去最高額、全国順位は2位(公表中)でした。
  5. これら薬事関係総生産金額は、8,218億円(+3,674億円)で、昨年比1.8倍に増加しました。
お問い合わせ
健康医療福祉部 薬務課 薬業技術振興センター
電話番号:0748-88-2122
FAX番号:0748-88-4493
メールアドレス:eh0001@pref.shiga.lg.jp