文字サイズ

新琵琶湖学セミナー「外来生物の現状と守りたい生き物たち」の開催について

 琵琶湖博物館では、琵琶湖と集水域の現状調査から最新の研究成果を紹介し、琵琶湖や私たちの未来について考えるため、毎年「新琵琶湖学セミナー」を開催しています。

 今年度は「琵琶湖の集水域の現状調査から未来を考える」というテーマで、1月から3月にかけて計3回のセミナーを計画していました。事情により1月・2月は中止しましたが、3月のセミナーについては、このたび下記の内容で開催することといたしましたので、お知らせします。

日時

令和3年(2021年)3月27日(土曜日) 13時30分~15時15分

テーマ

「外来生物の現状と守りたい生き物たち」

プログラム
時間 内容
13時30分~13時40分 開会のあいさつ(館長・高橋啓一)
13時40分~14時20分 中井克樹「滋賀県の外来種対策:琵琶湖のおかげでできたこと、できなかったこと」
14時20分~15時00分 松田征也「守りたい、地域の宝もの ‐希少生物の保全-」
15時00分~15時10分 質疑応答
15時10分~15時15分 閉会のあいさつ(研究部長・亀田佳代子)

会場

琵琶湖博物館 ホール

対象

高校生以上。マスク着用の上、ご参加ください。

定員

先着70名(定員になり次第、受付を終了します。)

参加費

無料

申込方法

インターネットの「しがネット受付サービス」を利用してのお申し込みをお願いしています。以下の手順が便利です。

「しがネット受付サービス」の申し込み手順

  1. 「びわはく」で検索し、琵琶湖博物館のサイトへ移動。
  2. トップページを下へ移動し、「イベント案内」の「セミナー」にある「2020年度新琵琶湖学セミナー・・・・」をクリック。
  3. 「申込方法」の最初にある「しがネット受付サービス」のリンクをクリック。

※ しがネット受付サービスをご利用できない方は、往復はがきに 1)行事名(新琵琶湖学セミナー)、2)参加者全員の氏名・年齢、3)郵便番号・住所・電話番号をご記入の上、525-0001 滋賀県立琵琶湖博物館「新琵琶湖学セミナー」受付担当 までお送りください。

 なお、新型コロナウイルス等の状況により、開催を中止する可能性がありますが、その場合は、琵琶湖博物館のウェブサイトにお知らせを掲載しますので、参加申し込みをされた方は、開催日の前日にご確認いただきますよう、お願いします。