文字サイズ

琵琶湖等のマイクロプラスチック調査結果について

今年度、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環で、一般社団法人ピリカ(以下、「ピリカ」という)がマイクロプラスチックの全国調査「国内水域におけるマイクロプラスチック等の流出実態調査」を実施しました。

そのうち、琵琶湖と県内河川の調査については、本県による調査地点の選定および検体採取といった協力のもと実施されました。

本日、ピリカから全国調査の結果が公表されました(※1)ので、このうち琵琶湖と県内河川の調査結果の概要について以下のとおりお知らせします。

 

※1 ピリカのホームページでマイクロプラスチック流出状況データベースとして公開(http://opendata.plastic.research.pirika.org/

1調査日

琵琶湖:9月14日(月)<北湖>、9月1日(火)<南湖・瀬田川>

河川:8月26日(水)

2調査場所(「参考1」参照)

 琵琶湖北湖 3地点(今津沖中央、愛知川沖、南比良沖)

 琵琶湖南湖 2地点(新杉江港、唐崎沖中央)

 琵琶湖出口 1地点 (瀬田川)

 県内河川 4地点 (湖南市内の祖父川および茶釜川※2)  ※2流域に異なる土地利用状況が見られる河川として選定

3調査方法(「参考2」参照)

株式会社ピリカが独自開発したマイクロプラスチック採取装置「アルバトロス7」を3分間水中に沈め、プランクトンネット(網目:300μm)に捕集

4調査結果(「参考3」参照)

各調査場所のマイクロプラスチック検出状況
図1検出されたマイクロプラスチックの割合

5考察

【共通】

  • 検出されたマイクロプラスチックの種類は、琵琶湖および河川ともにPE(ポリエチレン)とPP(ポリプロピレン)が大きな割合を占めています。

【琵琶湖】

  • 琵琶湖で検出されたマイクロプラスチックの平均個数は、北湖と南湖ともに1m3あたり1個未満となっており、2014年度に環境省が報告した日本の近海のマイクロプラスチックの個数(約2.4個)よりも少ない値となっています。
  • 琵琶湖で最も多くマイクロプラスチックが検出された調査地点は、北湖の「南比良沖中央」であり、1m3あたり1.91個でした。

【河川】

  • 河川の調査で最も多くのマイクロプラスチックが検出された地点は「祖父川橋」で、1m3あたり2.95個となっており、他の調査地点と比較して多い結果でした。
  • 「祖父川橋」の周辺でポイ捨てゴミが他に比べて特に多いわけではないことや上流部が住宅地となっていること等から、今回の調査で検出されたマイクロプラスチックは、ポイ捨てされたプラスチック等に加えて、我々が日ごろ屋外で使用している身近なプラスチック製品が劣化、細分化して流出した可能性も考えられます。
  • そのため、河川のマイクロプラスチックを減らすためには、ごみのポイ捨て防止に加え、屋外で使用されるプラスチック製品である洗濯バサミやプランター、人工芝マットなどは、これらが劣化する前に定期的に交換するなどが効果的であると考えられます。

6その他

(1)マイクロプラスチックの情報について

以下の県ホームページを参照ください。

「県民の方 > 環境・自然 > 琵琶湖 > マイクロプラスチックについて」
https://www.pref.shiga.lg.jp/ippan/kankyoshizen/biwako/309630.html

(2)全国調査等の情報について

マイクロプラスチックの全国調査「国内水域におけるマイクロプラスチック等の流出実態調査」および調査方法(マイクロプラスチック採取装置「アルバトロス7」の概要含む)の詳細については、以下の問い合わせ先までご連絡ください。

<問い合わせ先>
株式会社ピリカ 担当:井上
電話:080-6760-3644
メール:inoue@pirika.org

お問い合わせ
琵琶湖環境部 琵琶湖保全再生課
電話番号:077-528-3463
FAX番号:077-528-4847
メールアドレス:dk00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。