文字サイズ

福井県年縞博物館との連携事業を実施します

 令和2年(2020年)7月30日に開催された滋賀県・福井県知事懇談会における合意事項に基づき、広域的な交流の促進を目的として、下記のとおり福井県年縞博物館において、滋賀県立琵琶湖博物館と福井県年縞博物館との連携事業を実施します。

 今回は、1階ロビー等で琵琶湖博物館の「移動博物館」の展示キットを展示するとともに、展示の開催に合わせて、年縞と関連のある分野の専門家として当館学芸員による講座「サイエンスカフェ」が実施されます。

1.連携事業の内容

(1) 琵琶湖博物館の「移動博物館」のキットの展示

日時

令和3年(2021年)3月5日(金曜日)~4月19日(月曜日)

場所

福井県年縞博物館(福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-12-1)1階ロビー 等

展示物

琵琶湖博物館「移動博物館」キット(別紙PDF参照)

・空から見た琵琶湖(床マット)

・アケボノゾウ足跡レプリカ

・ダルマガエルの拡大模型

(2) 「サイエンスカフェ」の開催

日時

令和3年(2021年)3月5日(金曜日)14時00分~16時00分

場所

福井県年縞博物館 セミナー室

募集

15名(新型コロナ対策としてセミナー室の定員の50%とします)

講師

琵琶湖博物館 林竜馬主任学芸員

演題

「湖にねむる森と気候と海のものがたり」

参加費

無料。ただし、茶菓子代の実費として500円をいただきます。

申込み

福井県年縞博物館まで直接お願いします

電話:0770-45-0456

電子メール:varve-museum@pref.fukui.lg.jp

※ サイエンスカフェは平成30年度以降開催しており、今回で14回目となります。
 

ご来館の際には、マスクの着用、アルコールによる手指消毒など、新型コロナウイルス感染防止にご協力をお願いします。なお、サイエンスカフェ当日は、講師の林主任学芸員による移動博物館キットの解説があります。

2. その他

・令和3年度(2021年度)には、福井県年縞博物館の所蔵品を琵琶湖博物館に展示するとともに、年縞博物館学芸員が琵琶湖博物館で解説をする予定。

・今後の新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、企画内容が変更または中止になる場合があります。最新の情報については、年縞博物館のホームページ等をご確認ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。