文字サイズ

令和2年度滋賀県職員(水道職)採用選考第1次考査受験案内(令和3年4月1日採用予定)

滋賀県企業庁は、下記のとおり職員採用選考を行いますので、お知らせします。

重要ライフライン、インフラである「水道」に携わる社会的貢献度の高い専門職です。電気や機械の知識をお持ちで、熱意ある人材を求めています。

1.採用職種

下表のとおりです。

試験区分、採用予定人員および受験資格
試 験 区 分 水道(電気系・機械系)
採用予定人員 1人程度
受 験 資 格 昭和55年4月2日から平成11年4月1日までに生まれた者
職 務 内 容 浄水場の運用に係る保守管理・工事設計施工管理等の業務および関連する行政事務

※受験申込時に「電気」または「機械」のいずれかの出願分野を選択して申し込む必要があります。受験申込後の変更は認めません。

2.受付期間

 令和3年1月8日(金曜日)正午から令和3年1月27日(水曜日)17時まで

インターネットにより申込みを行ってください。(外部サイトへリンク)

※インターネットによる申込みが出来ない場合は、必ず1月20日(水曜日)17時までに滋賀県企業庁経営課まで電話でお問い合わせください。

3.試験の日時および場所

第1日 教養試験および専門試験

 日時:令和3年2月7日(日曜日)10時20分(着席完了10時00分)

 場所:コラボしが21会議室

第2日 論文試験、適性検査および口述試験

 日時:令和3年2月20日(土曜日)

 場所:滋賀県庁

※詳細は、第1日に試験会場で通知します。

※第2日の試験は、第1日の教養試験および専門試験の成績上位者を対象に実施します。

4.選考

令和3年3月3日(水曜日)に滋賀県人事委員会において実施されます。

(第1次考査の合格者に対して別途連絡します。)

5.日本国籍を有しない方の任用について

(1) 日本国籍を有しない方も受験できます。

(2) 日本国籍を有しない方は、「公権力の行使または公の意思の形成への参画に携わる公務員のうち、職務の内容または権限と統治作用との関わり方の程度が強い公務員には日本国籍が必要であり、それ以外の公務員となるためには必ずしも日本国籍を必要としない」という基本原則を踏まえた任用が行われます。公の意思の形成への参画に携わる職員の職は、部長級、次長級および課長・参事級の職のうち、県の行政について企画、立案および決定に参画する職です。

(3) 日本国籍を有しない方は、採用時に当該職務に従事可能な在留資格がない場合には採用されません。

6.新型コロナウイルス感染症対策について

(1) 新型コロナウイルス感染症など(学校保健安全法で出席の停止が定められている感染症)に罹患し治癒していない方や、当日発熱がある方は、他の受験者への感染のおそれがあるため、当日の受験を控えてください。

(2) 会場敷地内でのマスクの着用および建物入口での手指消毒をお願いします。

(3)試験室は換気のため、適宜、窓やドアなどを開けますので、体温調整しやすい服装で受験してください。

(4)密集を避けるため、受験者間で一定の距離が確保されるような配席とします。

7.受験案内について

お問い合わせ
企業庁 企・経営課
電話番号:077-589-4608
FAX番号:077-589-4715
メールアドレス:na01100@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。