文字サイズ

絶滅危惧種「イチモンジタナゴ」が逢坂小学校へ譲渡されます

 ビオトープ池で繁殖された絶滅危惧種の「イチモンジタナゴ」がオムロンエキスパートリンク株式会社から大津市立逢坂小学校へ下記のとおり譲渡されます。

 こうした活動を通じて、希少淡水魚の保全の輪が大きく広がることを願っています。

 企業の社会貢献活動の一環として小学校へ譲渡される事例ですので、ぜひご覧ください。

日時

令和2年7月6日(月曜日) 14時50分~15時30分

場所

大津市立逢坂小学校( 大津市音羽台6-1 TEL:077-522-6753)

今回譲渡されるイチモンジタナゴについて

 今回のイチモンジタナゴは、昨年ビオトープ池で繁殖した中の約20尾で、大津市立逢坂小学校の自然キラキラ委員会が中心となり、繁殖の研究や逢坂小学校水族館での展示などを実施するとともに、希少生物の保全と企業とのかかわりについても学習する予定です。(イチモンジタナゴについては、別添 PDF をご覧ください。)

ビオトープ池について

 オムロンエキスパートリンク(株)は、企業の社会貢献活動の一環として、絶滅危惧種であるイチモンジタナゴを保全されています。

 2011年から工場敷地内に社員自らの手によりビオトープ池を造成し、琵琶湖博物館や市民グループなどと協力しながら保全活動を行っており、2018年には、新しいビオトープ池を造成して、より安定的なイチモンジタナゴの保全のために施設の充実を行っています。

〇 オムロンエキスパートリンク株式会社

〒520-2362 滋賀県野洲市市三宅686-1

TEL 077-588-9416

担当:総務センタエリア統括部 野洲事業所 村地 登紀子

〇 大津市立逢坂小学校

 〒520-0053 滋賀県大津市音羽台6-1

TEL 077-522-6753

担当:廣間 先生

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。