文字サイズ

「第53回滋賀県政世論調査」にご協力をお願いします!!

 「滋賀県政世論調査」は昭和43年(1968年)の調査開始以来、県政への満足度や当面する課題などに対する県民の皆さまの意識・意向をお聴きし、県政を進めるうえで活用するため、毎年、無作為に抽出された3,000人の方にご協力いただき実施しています。次の時代を見据えた「新しい幸せ」を皆さまとともに創っていくため、是非お声をお聴かせください。

 お手元に県政世論調査の調査票が届きましたら、調査へのご協力を是非お願いいたします。

調査の概要

  1. 調査地域 県内全域(全市町から対象者抽出)
  2. 調査対象 県内在住の18歳以上の3,000人
  3. 抽出方法 層化二段無作為抽出法
  4. 調査方法 郵送法・オンライン調査法の併用、無記名方式
  5. 調査期間 令和2年6月22日(月)~7月10日(金)

調査項目

  1. 県政全体に関する満足度(企画調整課)
  2. 県の広報・広聴活動(広報課)
  3. 琵琶湖の保全および再生(琵琶湖保全再生課)
  4. 豪雨災害に関する意識(流域政策局)

調査日程

  • 調査票郵送 6月22日(月)
  • 調査票返送期限 7月10日(金)
  • 単純集計結果(速報)公表 7月下旬予定
  • 調査結果報告書公表 10月上旬予定

県政世論調査結果から

過去に県民の皆様にご回答いただいた県政世論調査の結果は、様々な計画等の策定に活用されていますので、ご紹介します。(一部抜粋)

「みどりとみずべの将来ビジョン」(令和2年3月策定)

 第51回滋賀県政世論調査テーマ「琵琶湖周辺の保全と利活用」において、琵琶湖周辺の利用頻度や、今後希望される利用形態等についておたずねしたところ、琵琶湖を保全しながらも、日常的な憩いの場、イベント等の活動の場としての周辺地域の活用を希望されるご意見を多数いただきました。

 これらを踏まえ、県では、琵琶湖周辺(琵琶湖の水際線から概ね200mの範囲)を対象とし、保全を前提としたうえで、魅力ある資源を損ねることなく、さらなる利活用を目指した、概ね20年後の湖辺域の目指すべき将来像を示す「みどりとみずべの将来ビジョン」を策定しました。

ビジョンの詳細についてはこちらをご参照ください(県HP)https://www.pref.shiga.lg.jp/kensei/koho/e-shinbun/oshirase/310836.html

滋賀県環境こだわり農業推進基本計画(平成31年3月策定)

 環境こだわり農業の推進を図るための基本的な計画として、この度の第5期計画の策定にあたり、第51回滋賀県政世論調査テーマ『「環境こだわり農産物」および「有機農産物」』において、環境こだわり農産物の認知度、購入頻度等についておたずねし、回答結果をもとに、今後の施策の方向・成果目標等を定めました。 

基本計画の詳細についてはこちらをご参照ください(県HP)https://www.pref.shiga.lg.jp/ippan/shigotosangyou/nougyou/ryutsuu/18377.html

過去の滋賀県政世論調査の結果
お問い合わせ
滋賀県知事公室広報課
電話番号:077-528-3046
FAX番号:077-528-4804
メールアドレス:ab0001@pref.shiga.lg.jp