文字サイズ

琵琶湖博物館は6月2日(火曜日)から開館します

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため2月28日より臨時休館してきましたが、開館時間の短縮、入館者数の制限、展示の一部公開休止などの感染防止対策を講じたうえで、6月2日(火曜日)から開館します。

【感染防止対策】

■開館時間の短縮

・開館前後に清掃と消毒を行うため、開館時間を短縮し、10時00分~16時30分(最終入館16時00分)とします。

■入館者数の制限

・お客様同士の距離の確保のため、館内人数が400人を超えないように入館制限を行います。

 ・当面の間、団体での利用をお断りします。

■展示の一部公開休止

・C展示室と水族展示室の公開を再開します。(A・B展示室はリニューアル工事中)

・次の展示室および展示などは当面公開を休止し、状況を見ながら再開します。

ディスカバリールーム、おとなのディスカバリー、C展示室・水族展示室の一部の展示

ふれあい体験室(水族展示室)、マイクロアクアリウムの一部(水族展示室)など

・水族のえさやりなどのイベントは当面休止します。

・レストランの営業は6月10日頃の予定です。(ショップは2日よりオープンします。)

■消毒

・手すり等、多くの手が触れるところは、係員や清掃スタッフが館内を回って消毒をします。

■お客様へのお願い事項

・発熱・咳などの風邪の症状がある方は来館をご遠慮ください。

・館内では、マスクを必ず着用し、咳エチケットをまもってください。

・入館時には、消毒用アルコールで必ず消毒し、手洗い、消毒の徹底をお願いします。

・県外からの来館はご遠慮ください。

・安全な距離(1~2m)をできるだけとってください。

・展示や水槽にはお手を触れないようお願いします。

※詳しくは、ホームページをご覧いただき、最新情報をご確認ください。