文字サイズ

「人口減少を見据えた未来へと幸せが続く滋賀 総合戦略」の策定について

 人口減少対策および地方創生に向けて、平成27年10月に策定した「人口減少を見据えた豊かな滋賀づくり総合戦略」の計画期間が今年度末で満了することから、今般新たに、令和2年度から令和6年度までの5年間を計画期間とする「人口減少を見据えた未来へと幸せが続く滋賀 総合戦略」を策定しました。

 

1 総合戦略の性格、計画期間

(1) 性格

➢ まち・ひと・しごと創生法第9条に基づき、人口目標をはじめとする地方創生に関する目標や、講ずべき施策に関する基本的方向および講ずべき施策を総合的かつ計画的に実施するために必要な事項を定めたもの。

➢ 地方版総合戦略に記載された施策について、地域再生法に基づき、地方公共団体は地域再生計画を作成することで、地方創生推進交付金や地方創生応援税制などの支援をうけることができる。

(2) 計画期間

令和2年度~令和6年度(5年間)

2 総合戦略の構成

(1) 「人口ビジョン編」

➢本県の人口動向と将来推計をもとに、目指す将来像として「未来へと幸せが続く滋賀」の姿と、人口に関する新たな目標を定めたもの。

➢将来的な総人口として、令和22年(2040年)に約134万人、令和42年(2060年)には約119万人を確保することを目指す。

(2) 「施策編」

目指す将来像を実現するための戦略として、3つの基本政策のもと、人口減少の緩和に加えて、人口減少の時代に柔軟に適応した活力ある地域づくりに留意した戦略を展開する。

3つの基本政策
1 みんなで応援する結婚・出産・子育てと人生100年時代の健康しがの実現
2 次代に向かう産業の活性化と多様で魅力ある働く場の創出
3 様々な人々が集い、琵琶湖と共生する魅力的な滋賀づくりと次世代への継承

3つの基本政策に基づき施策を実施するにあたっては、5つの視点を重視

5つの重視する視点
1 若い世代への支援と転入の拡大 
2 Society 5.0を見据えた産業の振興 
3 誰もが活躍できる共生社会の実現 
4 「関係人口」等の創出・拡大 
5 人口減少が進む地域への対応
お問い合わせ
総合企画部 企画調整課 企画第一係
電話番号:077-528-3314
FAX番号:077-528-4830
メールアドレス:kikaku01@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。