文字サイズ

環境保全型農業直接支払交付金で滋賀県が申請した地域特認が国から承認されました

滋賀県が農林水産省に環境保全型農業直接支払交付金の「地域特認取組」として申請していた下記の取組が承認されました。同交付金を活用し、環境こだわり農業の一層の推進を図ります。

 

 記

 

 1「緩効性肥料の利用および長期中干し」

 ・水質保全に効果がある取組として再申請し承認

 ・濁水対策に加えて緩効性肥料の被膜殻流出対策の要件化

 ・対象作物水稲・交付単価4,000円/10a(変更なし)

 

 2「殺虫殺菌剤および化学肥料を使用しない栽培」

 ・オーガニック農業の裾野を拡大するため新たな地域特認として申請し承認

 ・対象作物水稲・交付単価6,000円/10a(新設)

 

 


環境保全型農業直接支払交付金とは

環境こだわり農産物の生産にあわせて、地球温暖化防止や生物多様性保全等に効果の高い営農活動に取り組み面積に応じで支払われる交付金

地域特認取組とは

環境保全型農業直接支払交付金において、国が地球温暖化や生物多様性保全に効果がある取組として認めた取組以外で、都道府県知事が、地域の環境や農業の実態を勘案し、特に必要と認めた取組


お問い合わせ
農政水産部 食のブランド推進課
電話番号:077-528-3895
FAX番号:077-528-4881
メールアドレス:gc01@pref.shiga.lg.jp