文字サイズ

滋賀県が東京2020大会記念品プロジェクトに参画しました

滋賀県は2019年5月に、東京都及び公益財団法人オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が募集を行った東京2020大会記念品プロジェクトに応募し、実行委員会メンバーに参画しています。この度、県内の伝統的工芸品である「信楽焼」が記念品となることが決まりましたのでお知らせします。

1.プロジェクト概要

(1)名称:東京2020大会記念品プロジェクト

(2)実施主体:東京2020大会記念品プロジェクト実行委員会(以下「実行委員会」)

 ※滋賀県、その他参画自治体、東京都及び公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が、2019年10月に実行委員会を設置

(3)目的:東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を契機に、日本各地の伝統的工芸品や地域の伝統的な産品の魅力を発信し、その一層の普及と持続的な振興を図ること

(4)内容:実行委員会は、IOC(国際オリンピック委員会)委員・IPC(国際パラリンピック委員会)理事・国際競技団体役員・各国オリンピック委員会役員・各国パラリンピック委員会役員・国家元首など、東京2020大会関係者(約1,200名程度)に対して伝統的工芸品等を贈呈します。

(5)今後の予定:2020年7月頃の贈呈に向け、信楽焼の製作を産地および地元甲賀市と連携して進めていきます。

2.滋賀県から提供する品目名及び種類

信楽焼(六古窯)の杯

 

 信楽焼は、鎌倉時代に興ったといわれ、日本遺産「日本六古窯」の一つです。中でも、中世から受け継がれてきた焼締陶器は、「火色」、「焦げ(灰被り)」、「自然釉(ビードロ釉)」などの多彩な「景色」が魅力です。昭和50年に、国の伝統的工芸品に指定されました。

 古琵琶湖層から採れる土は大物づくりにも適した良質の陶土であり、今日でも大物づくりを特徴とし、独特の土味を活かした製品が作られています。

写真はイメージです。


東京2020参画プログラム公認マーク

東京2020参画プログラム公認マーク

お問い合わせ

滋賀県商工観光労働部中小企業支援課 
電話番号:077-528-3731
FAX番号:077-528-4871
メールアドレス:fb00@pref.shiga.lg.jp