文字サイズ

地域医療構想の実現に向けた国による重点支援区域の選定について

~本県の湖北区域が選定されました~

国では、経済財政運営と改革の基本方針2019(令和元年6月21日閣議決定)において、地域医療構想の実現に向け、全ての公立・公的医療機関等に係る具体的対応方針について、診療実績データの分析を行い、具体的対応方針の内容が、民間医療機関では担えない機能に重点化され、2025年において達成すべき医療機能の再編、病床数等の適正化に沿ったものとなるよう、重点支援区域の設定を通じて国による助言や集中的な支援を行うこととされました。

これを受け、厚生労働省から都道府県に対し、重点支援区域の選定を希望する場合は、その区域の地域医療構想調整会議の合意を得て、申請を行うよう通知がありました。

本県では、現在、湖北区域において、地域の持続可能な医療提供体制をつくっていくため、区域内の4病院の医療機能の再編統合について、地域医療構想調整会議等において議論が進められており、大きな方向性のイメージは関係者間で共有できているところですが、具体的な課題について更に検討を進める必要があります。

そうした課題について国の直接的な支援を活用して検討を進めるため、今回の重点支援区域の申請を行ったところ、本県の湖北区域が選定されましたので、お知らせします。

1.対象となる区域

湖北区域(長浜市、米原市)

2.対象となる医療機関

市立長浜病院、長浜市立湖北病院、長浜赤十字病院、セフィロト病院

3.現在湖北区域で検討している医療機能の再編統合の方向性(イメージ)

湖北区域イメージ図

4.国による支援内容

  1. 技術的支援
    • 地域の医療提供体制や、医療機能再編等を検討する医療機関に関するデータ分析
    • 関係者との意見調整の場の開催等
  2. 財政的支援
    • 地域医療介護総合確保基金の令和2年度配分における優先配分
    • 新たな病床ダウンサイジング支援を一層手厚く実施
お問い合わせ
滋賀県健康医療福祉部医療政策課 
電話番号:077-528-3610
FAX番号:077-528-4859
メールアドレス:ef00@pref.shiga.lg.jp