文字サイズ

天皇陛下の御即位をお祝いする品として「信楽焼陶板」を献上しました

天皇陛下の御即位をお祝いする品として、滋賀県から「信楽焼陶板」を献上しましたので、お知らせします。

1.献上品目

信楽焼陶板(図柄 中路融人「桜」)1点

サイズH900mm × W720mm(原寸大)

2.献上先

 天皇皇后両陛下

(11月29日(金曜日)に宮内庁に献上)

3.献上品の概要

信楽焼陶板について

・信楽焼の伝統を生かしながら、2万色以上の色彩データにより現代技術を駆使して絵画を忠実に再現する「美術陶板」を献上。
・1,000度以上の高温で焼き上げるため、強度が高まるとともに変色しにくいなど耐久性にすぐれている。

中路融人氏と「桜」について

・中路融人氏は60年以上の画業の大半を滋賀の情景を描くことに捧げた日本画家であり、平成24年には文化功労者にも選ばれている。また、「令和」の出典となった万葉集ゆかりの地である東近江市の名誉市民の称号も贈呈されている。

・陶板として献上する作品「桜」は、高島市の海津大崎の桜と琵琶湖、竹生島を描いたもの。原画は東近江市近江商人博物館・中路融人記念館に所蔵している。

信楽焼陶板

お問い合わせ

知事公室 秘書課
電話番号:077-528-3021
FAX番号:077-528-4800