文字サイズ

ばいじん処理物のダイオキシン類濃度の埋立基準超過について

 滋賀県が実施している焼却施設等のダイオキシン類調査において、中部清掃組合日野清掃センターから採取したばいじん処理物のダイオキシン類濃度の測定値が埋立基準を超過した事案が発生したので、お知らせします。

1.超過した施設

事業主体:中部清掃組合(東近江市、日野町、竜王町で構成。)

名称:日野清掃センター(クリーンわたむき)

設置:平成19年3月

所在地:滋賀県蒲生郡日野町北脇1-1

2.ばいじん処理物のダイオキシン類濃度

採取年月日:令和元年8月28日

測定結果:11ng-TEQ/g

埋立基準:3ng-TEQ/g

※ ng(ナノグラム):10億分の1g

ng-TEQ(ナノグラム ティーイーキュー):毒性等量(ダイオキシン類は異性体、同族体によって毒性が異なるため、各異性体、同族体の実測濃度に毒性等価係数を乗じてその総和を求めた値。)

3.今回の基準超過への県の対応

 滋賀県では、中部清掃組合に対して、原因調査を求めるとともに、ばいじん処理物を埋め立てている中部清掃組合の安土最終処分場からの放流水がダイオキシン類濃度の排水基準を超えないように排水処理施設の維持管理の強化を求めています。

※ ダイオキシン類濃度の排水基準:10pg-TEQ /L(この基準以下なら処分場からの排水を場外へ放流することができる。pg(ピコグラム)は1兆分の1g。)

お問い合わせ

琵琶湖環境部 循環社会推進課 廃棄物対策室
電話番号:077-528-3473
FAX番号:077-528-4845
メールアドレス:df00@pref.shiga.lg.jp