文字サイズ

県内初となる“道の駅”での路上軽油抜取調査を実施しました!

 

 令和元年9月10日、滋賀県南部県税事務所は、大津市内の道の駅「妹子の里」において、自動車燃料である軽油の抜取調査を実施しました。軽油抜取調査とは、灯油や重油を不正に混和した不正軽油を取り締まるために行うものですが、今回の調査は、従来のように警察の協力を得て公道を走行中の車両を停止させて行うものではなく、駐車場において休憩などのために駐停車している車両に対して行ったものです。このような調査を道の駅で行うのは、県内初となります。

 調査に際しては、ドライバーに抜取調査への協力を依頼するとともに、啓発のためのチラシとタオルを手渡し、不正軽油撲滅のための理解と協力を呼びかけました。このチラシでは、不正軽油の製造や使用などが犯罪にあたるだけでなく、不正競争や環境汚染にもつながることを解説しておりますが、併せて不正軽油に関する不審な業者や施設などの情報提供も求めており、これまでから設けていたフリーダイヤルによる通報窓口に加え、新たにQRコードをチラシ上に印字してスマートフォンからも手軽に情報提供できるよう、配慮しました。

 今回の調査では、計26本の見本品となる軽油を抜取り採取したところ、内1本に性状の異常が認められました今後流通経路等を調査の上、必要に応じて課税処分等を行うなど厳しく対処していきます。

1.道の駅での抜取り調査の様子

2.不正軽油啓発チラシ

お問い合わせ

滋賀県総務部税政課 
電話番号:077-528-3215
FAX番号:077-528-4819
メールアドレス:bg00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。