文字サイズ

琵琶湖博物館A展示室コレクションギャラリーで拡大版『地域の人々がつくる展示コーナー』を開催します

 琵琶湖博物館では、地域の人々とともにつくる博物館を目指してきました。その取り組みの一つとして、平成20年度よりA展示室(琵琶湖の生い立ち展示室)の奥にある展示コーナー「コレクションギャラリー」の一角を利用して、地域のことを調べ、標本集めを行っている方々が自ら展示を行う『地域の人々による展示コーナー』を開催してきました。この展示コーナーは、現在取り組んでいる第三期リニューアルによって展示がリニューアルされる新しいA展示室でも継承される予定ですが、工事中は閉室します。

 そこで、これまでこの展示コーナーを一緒に運営してきた湖国もぐらの会の方々に協力いただいて、A展示室が閉室するまでの約2ヶ月半の間、コレクションギャラリーの展示ケース全体を使った拡大版の「地域の人々による展示コーナー」を実施します。湖国もぐらの会の方々によって収集された鉱物や化石が、今回展示に参加される12名(11コーナー)のそれぞれの方のテーマに沿って展示されます。

○全体の展示タイトル : 鉱物化石のよもやま話

○期間 : 2019年915日(日曜日)〜1124日(日曜日) *A展示室閉室前日まで

○場所 : 琵琶湖博物館 A展示室 コレクションギャラリー

○主催 : 湖国もぐらの会・琵琶湖博物館

○内容 湖国もぐらの会の方々が収集した鉱物や化石の標本と展示される方の想いを展示します。展示は12名の方による11コーナー。

なお、914日(土曜日)は、湖国もぐらの会の方々が自らのコーナーの展示作業を行います。開館時間中には、来館された一般の方々とも展示室での交流を行いながらの作業を行う予定です。

** 9月と10月の第三日曜日(9月15日、10月20日)は、湖国もぐらの会の方による展示室での解説や化石に触れる体験などを実施する予定です。他の日にも日程未定ですが行う予定です。

展示コーナータイトル一覧

・不思議の国の水精(水晶)

・石はボクらの宝物

・私が化石採集にハマった理由

・化石が教えてくれる日本列島の歴史

・紀伊半島西部に分布する下部白亜系有田層から木生シダ(ヘゴ科)材化石の産出

・心を捉えてはなさない魅惑的な宇治田原の化石

・ようこそ化石遊びの世界へ

・大きな足跡と小さな足跡の化石

・瀬田川石

・琵琶湖のはじめの湖の地層から採集した化石

・『雲根志』と木村一郎先生を思いだす石

展示場所(展示物がない状態)

展示場所(展示物がない状態)

展示物例

展示物例