文字サイズ

NPO法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)がオオバナミズキンバイ等を駆除します(一般参加者募集中)

琵琶湖や瀬田川ではオオバナミズキンバイやナガエツルノゲイトウなどの侵略的外来水生植物が繁茂しており、繁殖力が非常に強く大きな問題となっています。NPO法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)は平成26年度以降、継続してボランティアで滋賀県内の外来水生植物の駆除を実施されており、今年は9月6日(金)から9月8日(日)の3日間にわたり「琵琶湖外来水生植物除去大作戦2019」が計画されています。
このうち、9月7日(土)および9月8日(日)については、一般の参加者とともに駆除活動を行います。

日時・場所
場所 活動時間
9月6日(金)(一般参加無し) 高島市新旭町深溝地先 10:45~17:00駆除作業
9月7日(土)(一般参加募集中) 高島市新旭町深溝地先 9:30~10:00開会式(針江大川舟溜まり) 10:30~15:30駆除作業
9月8日(日)(一般参加募集中) 高島市新旭町深溝地先 9:30~15:45駆除作業 16:45~閉会式

概要:湖岸等に繁茂しているオオバナミズキンバイやナガエツルノゲイトウの駆除を行います。
参加者:IVUSA所属学生約250名、一般参加者(9/7(土)・9/8(日))
主催:NPO法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)
共催:琵琶湖外来水生植物対策協議会
後援:滋賀県、高島市
その他:参加を希望される方は、次のIVUSAの連絡先へお問い合わせください。 
お問合せ先
 電話/FAX 072-601-5109
 Mail:oobana19@gmail.com

参加される方は作業着等の動きやすい服装でお越しください。
駆除活動中は熱中症予防のため、こまめな水分補給をお願いします。
(参考)琵琶湖外来水生植物除去大作戦2019特設ウェブサイト
 https://joryulife.wixsite.com/oobana2019

NPO法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)とは・・・
1993年に設立した団体で、約4,000人の学生が「国際協力」「環境保護」「地域活性化」「災害救援」「子どもの教育支援」の5つの分野を軸に活動され、様々な課題解決に取り組んでいる。活動を通して多くの国・地域の多様な人たちとの繋がりを作ることで、「共に生きる社会」の実現を目指している。

琵琶湖外来水生植物対策協議会とは・・・
外来水生植物対策を推進することで、琵琶湖における生物多様性の保全再生等に資することを目的として設立され、NPO団体や漁協、関係市など18団体により構成されています。

お問い合わせ

琵琶湖環境部 自然環境保全課 生物多様性戦略推進室
電話番号:077-528-3483
FAX番号:077-528-4846
メールアドレス:dg00@pref.shiga.lg.jp