文字サイズ

琵琶湖でのアオコの発生について(第1号)

令和元年8月26日(月)10 40 分頃、滋賀県琵琶湖保全再生課の職員が大津市雄琴港で、今年初めてのアオコの発生を確認しました。県琵琶湖環境科学研究センターがプランクトンを同定・計数したところ、その結果は下記のとおりでした。

アオコは、昭和58年(1983年)に琵琶湖で初めて発生が確認されて以来、昭和59(1984)および平成26(2014)を除いて毎年発生が確認されています。

今後のアオコ発生状況は原則として、県HP「今日の琵琶湖」において情報提供していく予定です。

(滋賀県HPトップページ→県民の方→環境・自然→琵琶湖→お知らせ注意→琵琶湖水質調査結果・今日の琵琶湖 http://www.pref.shiga.lg.jp/ippan/kankyoshizen/biwako/300014.html)

アオコの発生状況

発生場所: 雄琴港 (大津市雄琴)

確認日時: 令和元年8月2610時40

規模: 15m×30m

レベル: 5

水温: 30.1℃

構成プランクトン(群体数/ml):

ミクロキスティス属12,000

アナベナ属 8,000

オシラトリア属 10

雄琴港で確認されたアオコ
雄琴港で確認されたアオコ(拡大)

お問い合わせ

琵琶湖環境部 琵琶湖保全再生課 水質・生態系係
電話番号:077-528-3463
FAX番号:077-528-4847
メールアドレス:dk00@pref.shiga.lg.jp