文字サイズ

平成31年度(令和元年度)スマート・エコハウス普及促進事業補助金の登録申込の受付終了が近づいています

標記補助金は、公益財団法人淡海環境保全財団で令和元年5月27日から受け付けていますが、登録申込における申請予定金額の総額が予算額に近付いています。

このため、登録申込における申請予定金額の総額が予算の範囲を相当に超えた場合、当初の登録申込受付期間の途中であっても、登録申込の受付を終了することとしますので、お知らせします。なお、登録を締め切ったのちは、追加募集等を行う予定はありません。

7月10日現在の登録状況

登録申込件数: 653件

登録申込における申請予定金額: 37,530千円(予算47,400千円の79.1%程度)

登録申込済みの方へ

補助金交付申請書の受付は、予算の範囲内において先着順に行い、予算の範囲を超えた受付日をもって申請の受付(財団の営業時間内に受付したものに限る)を終了しますので、補助対象設備の設置が完了されましたら速やかに交付申請の手続きを行ってください。

 

補助金の概要

(1)補助対象設備および補助金額

・太陽光発電:4万円
・高効率給湯器(エネファーム):7万円
・高効率給湯器(エネファーム以外):2万円
・太陽熱利用:2万円
・蓄電池:6万円
・V2H:4万円
・窓断熱設備:2万円

※高効率給湯器とは、エネファーム、エコキュート、エコジョーズ等、省エネ性能の高い給湯器
※複数の補助対象設備を設置する場合、上限10万円まで申請可能です。

(2)申請受付期間

令和元年5月27日(月曜日)~令和2年2月20日(木曜日)17時15分必着

[登録申込受付期間]
第一次受付期間 令和元年5月27日(月曜日)~令和元年7月31日(水曜日)
第二次受付期間 令和元年8月1日(木曜日)~令和元年10月31日(木曜日)
第三次受付期間令和元年11月1日(金曜日)~令和2年1月10日(金曜日)
※各受付期間の途中であっても、予算額を相当に超える登録があった場合は、受付を中止する場合があります。
※第三次受付を実施する場合は、以前に同様の補助金の登録完了通知を受けている方で、当該補助金の交付を受けていない方についても対象とします。

(3)補助件数

約1,000件(予算額47,400千円の範囲内)

(4)補助の要件等

太陽光発電・・・併せて指定の省エネ製品(下記参照)もしくは他の補助対象設備を購入すること。

高効率給湯器、太陽熱利用・・・下記のいずれかの場合に対象となる。

・太陽光発電を併せて設置する。
・既設の太陽光発電を備えている。
・停電の際、単独で設備の機能を利用できる。

蓄電池、V2H・・・下記のいずれかの場合に対象となる。

・太陽光発電を併せて設置する。
・既設の太陽光発電を備えている。

窓断熱設備・・・窓の開口部総面積が8平方メートル以上かつ施工後の熱貫流率が3.49以下となること。

※高効率給湯器から高効率給湯器への更新は対象外とします。(エネファーム以外からエネファームへの更新は可)
※上記要件のほかに、補助対象設備ごとに設備要件・補助要件があります。

[省エネ製品の種類]
・LED照明器具
・エアコン
・冷蔵庫
・高断熱浴槽
・エネルギー管理システム(HEMS)
・窓断熱設備

※個別要件は別に定める。

[事業要件]
・スマート・エコ製品、省エネ製品はいずれも未使用であること。
・スマート・エコ製品の設置の施工者が滋賀県内事業者(滋賀県内に本店または事務所機能を有する支店等がある事業者)であること、および、省エネ製品の購入店が滋賀県内販売店である者に限る。

[事業者の要件]
・補助対象事業を実施しようとする建物が滋賀県内に所在し、住居として自ら居住している方。
・スマート・エコ製品の設置と省エネ製品の購入を、平成31年4月1日以後、令和2年1月31日以前に行う方。
・過去に滋賀県の太陽光発電の補助金の登録完了通知を受けていない方。
・滋賀県の県民税に未納がない方。

詳しくは補助金のページをご覧ください。
平成31年度(令和元年度)スマート・エコハウス普及促進事業補助金について

申請の流れ

申請先・お問い合わせ先

公益財団法人 淡海環境保全財団 (滋賀県地球温暖化防止活動推進センター)
〒525-0066 滋賀県草津市矢橋町字帰帆2108番地 淡海環境プラザ内
TEL 077-569-5301
HP https://www.ohmi.or.jp/ondanka/h31smart-eco/

お問い合わせ

滋賀県総合企画部エネルギー政策課
電話番号:077-528-3091
FAX番号:077-528-4808
メールアドレス:ene@pref.shiga.lg.jp