経営支援資金(小規模企業者特別枠)は大幅な利用増 ~平成30年度滋賀県中小企業振興資金の利用実績について~

滋賀県では、県内の中小企業の皆さんの経営基盤の強化とその振興発展に資することを目的に「滋賀県中小企業振興資金」融資制度を設けています。平成30年度の利用実績をとりまとめましたので、下記のとおりお知らせします。

全体利用状況

平成30年度の県制度融資の総利用実績(新規貸付)は、1,337件、9,064,839千円であり、前年度に比べ件数で79.6%、金額で70.5%となり、件数、金額ともに8年連続の減少となりました。
一方で、平成30年度に融資限度額の引き上げを行った『経営支援資金(小規模企業者特別枠)』については、191件、582,850千円の利用があり、件数ベースで199.0%、金額ベースで241.2%と増加し、小規模企業者の方々の資金需要に対応しました。

過去5年間の総融資実績の推移 (単位:件・百万円)
年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度
件数 2,849 2,386 2,078 1,679 1,337
金額 23,236 20,864 17,387 12,864 9,064

個別資金利用状況

  • 『開業資金』については、全体で108件、567,120千円の利用があり、件数ベースで100.9%、金額ベースで103.0%と増加しました。なお、創業枠、創業サポート枠および女性創業枠の内訳は次のとおりです。
    ・『開業資金(創業枠)』については、79件、434,320千円の利用があり、件数ベースで97.5%と減少しましたが、金額ベースで102.2%と増加しました。
    ・『開業資金(創業サポート枠)』については、12件、63,900千円の利用があり、件数ベースで120.0%、金額ベースで103.9%と増加しました。
    ・『開業資金(女性創業枠)』については、17件、68,900千円の利用があり、件数ベースで106.3%、金額ベースで106.7%と増加しました。
  • 業況の悪化している業種等を対象とした『セーフティネット資金(新規枠・借換枠)』については、80件、1,492,350千円の利用があり、件数ベースで、51.0%、金額ベースで59.9%と減少しました。

※資金ごとの利用実績は「平成30年度滋賀県中小企業振興資金融資実績一覧表」をご覧ください。

(参考)平成31年度「滋賀県中小企業振興資金」の改正について ~政策推進資金(事業承継枠)の融資対象者の拡大等~(平成31年(2019年)3月29日資料提供内容)

滋賀県では、「滋賀県中小企業の活性化の推進に関する条例」を制定し、中小企業の活性化を推進しています。滋賀県中小企業振興資金(制度融資)は、県内の中小企業の皆様の経営基盤の強化とその振興発展に資することを目的とした融資制度です。
平成31年度は下記のとおり融資制度を改正し、中小企業の資金繰りを支援していきます。

平成31年4月1日の主な改正内容等

(1)政策推進資金(新事業促進枠)の融資対象者の拡大
生産性向上特別措置法に基づく先端設備等導入計画の認定を受けた中小企業者等を融資対象者に追加します。

(2)政策推進資金(事業承継枠)の融資対象者の拡大
中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律に基づく認定を受けた者等を融資対象者に追加します。

(3)政策推進資金(事業承継枠)の最優遇金利適用の継続
平成30年度に創設した事業承継枠に対する最優遇金利(年1.0%)の適用については、平成31年度も継続して取り扱います。

お問い合わせ

滋賀県商工観光労働部中小企業支援課 
電話番号:077-528-3732
FAX番号:077-528-4871
メールアドレス:fb00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」