文字サイズ

5月は「消費者月間」です!「ともに築こう豊かな消費社会 ~誰一人取り残さない 2019~」

毎年5月は「消費者月間」として、全国で消費者問題に関する啓発・教育等の事業が集中的に実施されています。県民の皆さんも消費者月間を契機に、エシカル消費や消費者問題など、私たちの暮らしや消費者の役割について考えてみませんか。

 

<消費者月間>

「消費者保護基本法(消費者基本法の前身)」が昭和43年5月に施行されたことから、その施行20周年を機に、昭和63年から毎年5月が「消費者月間」とされています。

<エシカル消費>

エシカル(倫理的)消費とは人や社会、環境に配慮したモノやサービスを選択する消費行動のことをいいます。

県の主な月間事業

消費者月間セミナー

日時:5月25日(土曜日)14時~16時30分

場所:ピアザ淡海 2階 207会議室(大津市におの浜1-1-20)

内容:映画上映と講演会

映画 『甘いバナナの苦い現実』

講師 石井正子氏(立教大学異文化コミュニケーション学部教授)

※特定非営利活動法人消費者ネット・しが と共催

消費生活パネル展

4月24日(水曜日)~5月12日(日曜日) 滋賀県立図書館(1階談話室)

5月14日(火曜日)~5月31日(金曜日) 滋賀県庁(3階渡り廊下)

街頭啓発

日時:5月9日(木曜日)午前7時30分~8時30分

場所:JR彦根駅西口

※彦根警察署、彦根市と共催

県内各市町での取組

お問い合わせ

総合企画部 県民活動生活課
電話番号:077-528-3412
FAX番号:077-528-4840
メールアドレス:shohi@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。