文字サイズ

旧優生保護法に関連した資料等の保管状況等調査にかかる県立施設への再調査の結果について

1.再調査の概要

平成30年7月に厚生労働省が実施した「医療機関・福祉施設における優生手術に関する個人記録の保有状況の調査」の該当施設のうち、県立施設について、再度優生手術に関する個人記録の保有状況について調査を実施した。

この調査は、過去、優生手術の実施の判断を行ってきた県として、残存する県保有の書類に優生手術との関わりを示す資料がないかを把握するため実施したもの

(1) 調査期間 平成31年3月19日~同年5月2日

(2) 再調査対象施設

ア:福祉施設(4施設)

・淡海学園

・婦人相談所(中央子ども家庭相談センター)

・信楽学園

・むれやま荘

イ:医療機関(3施設)

・総合病院

・小児保健医療センター

・精神医療センター

ウ:かつて県立施設であった施設(3施設)

・しゃくなげ園(県庁で対象文書を保存)

・小児整形外科センター(小児保健医療センターで対象文書を保存)

・心身障害児総合療育センター(小児保健医療センターで対象文書を保存)

2.再調査の結果

再調査の結果、再調査対象施設において、優生手術に関係する優生手術申請書、健康診断書、遺伝調査書、優生手術該当者調査票、承諾書等の個人記録が保有されていることは確認できなかった。

お問い合わせ

健康医療福祉部 健康寿命推進課
電話番号:077-528-3653
FAX番号:077-528-4857
メールアドレス:eg00@pref.lg.jp