文字サイズ

「びわこ・みらい活性化ファンド(FUNAZUSHIファンド)」第2号投資案件決定について

 このたび、滋賀県と株式会社関西アーバン銀行との包括的連携協定の一環として、株式会社関西アーバン銀行が20186月に設立した「びわこ・みらい活性化投資事業有限責任組合(FUNAZUSHIファンド)」の第2号案件として、大五農園株式会社(滋賀県草津市)への投資を決定されましたので、お知らせいたします。

 大五農園株式会社は、草津川跡地を活用した農福連携によるいちご農園「ストロベリーファクトリー」を運営され、新たな地元ブランド「蜂蜜いちご」を発信・販売されています。

 いちご狩り体験やレンタル農園の運営といった同社の事業は、地域への集客増加につながり、地域経済活性化への貢献が期待されます。

 なお、「ストロベリーファクトリー」は本年420日にカフェ等を含めた複合施設のグランドオープンを予定されています。

 

【投資先の概要】
投資先名 大五農園株式会社
所在地 滋賀県草津市若竹町8番38号
事業内容 農福連携によるいちご農園、レンタル農園等の運営
設立日 2011年7月27日
資本金 2,000千円
代表者 野口真理子
投資額 10,000千円(新株予約権付社債)
【FUNAZUSHIファンド概要】
ファンド名称 びわこ・みらい活性化投資事業有限責任組合(FUNAZUSHIファンド)
設立日 2018年6月29日
ファンド総額 100百万円(当初)
運用期間 10年(最長2年の延長可能)
組合員構成 有限責任組合員:株式会社関西アーバン銀行 無限責任組合員:フューチャーベンチャーキャピタル株式会社
投資対象 滋賀県内において地域経済活性化に貢献する以下の事業 地域のブランド確立に貢献する新規事業、地域のインバウンド集客増加につながる観光事業、地域の「食」ブランドの向上を目指す事業、地域でのSDGsに基づく社会課題解決に寄与する事業、その他地域経済活性化に貢献する事業

お問い合わせ

商工観光労働部 商工政策課
電話番号:077-528-3712
FAX番号:077-528-4870
メールアドレス:fa0001@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。