文字サイズ

展示「世界に挑んだ近江の茶―明治輸出奮闘記―」の開催について

滋賀県庁では、明治から昭和戦前期にかけて作成された公文書を歴史的文書として大切に保管しています。県政史料室では歴史的文書について広く知っていただくために、平成20年の開室以来、滋賀県にまつわるテーマを選び、展示を行ってきました。今回は、1月26日から「世界に挑んだ近江の茶―明治輸出奮闘記―」と題した展示を以下の要領で開催いたします。

滋賀は古くから茶とかかわりが古く、大津市には伝教大師最澄が唐から持ち帰った茶種を植えたという伝承をもつ「日吉茶園」があります。その茶は幕末の開国以降、日本の海外貿易の花形として一躍脚光を浴びることになります。明治20年代末に綿糸に追い抜かれるまで、茶は生糸に次ぐ輸出額を誇っていました。

今回の展示では、私たちの日常になじみ深い茶の輸出をとりあげ、明治政府・滋賀県が茶の輸出拡大に向けてどのような取り組みをしていたのかを追ってみたいと思います。世界経済の荒波の中で奮闘する彼らの姿からは、「グローバル化」という言葉が飛び交う現在に生きる私たちも学ぶところがあることでしょう。

展示概要

  1. 展示題目
    「世界に挑んだ近江の茶―明治輸出奮闘記―」
  2. 展示期間
    平成27年1月26日(月曜日)~平成27年3月19日(木曜日)
  3. 展示場所
    県政史料室(県庁新館3階 県民情報室内)
  4. 開室日時
    月曜日~金曜日(祝日を除く) 午前9時~午後5時
  5. 展示内容
    滋賀県に所蔵されている公文書など、全16点
  6. 問い合わせ先
    県政史料室(滋賀県総合政策部県民活動生活課 県民情報室内)
    TEL:077-528-3126
    FAX:077-528-4813

E-mail:kenmin-j@pref.shiga.lg.jp
 

関連リンク

お問い合わせ

滋賀県総合企画部県民活動生活課県民情報室
電話番号:077-528-3126(県政史料室)
FAX番号:077-528-4813
メールアドレス:kenmin-j@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。