文字サイズ

選挙に関するアンケート(高校3年生対象)の結果について

平成26年7月から9月にかけて実施しました「選挙に関するアンケート(高校3年生対象)」の結果について、下記のとおりとりまとめましたので、お知らせします。

1.「調査概要」(PDF:62KB)のとおり

  • 今の日本の政治にどれくらい関心があるか?

「あまり関心がない」が1位。

・・・「今の日本の政治にどのくらい関心があるか」の質問に対して(問4より)

今の日本の政治に対する関心度について質問したところ、「関心がある」(「非常に関心がある」、「まあ関心がある」)は37.8%となり、一方で「関心がない」(「あまり関心がない」、「まったく関心がない」)は54.1%という結果となりました。

平成22年からの変化を見ると、「非常に関心がある」と「まあ関心がある」を合わせた数値がやや減少傾向にあり、「あまり関心がない」と「まったく関心がない」を合わせた数値は50%台を推移しています。

  • 高校生が考える政治が取り組むべき課題は、

「日本の経済を発展させる」が1位。

・・・「政治が取り組まなければならないいちばん重要なことがらは何か」という質問に対して(問8より)

今、日本の政治が取り組むべき課題について質問をしたところ、「日本の経済を発展させる」(24.4%)が最も多く、次いで「国内の治安や秩序を維持する」(17.3%)、「国民の福祉を向上させる」(14.7%)と続いています。

  • 選挙権が18歳以上に引き下げられることについては、

「20歳のままでよいと思う」が1位。

・・・「選挙権年齢が18歳以上に引き下げられることについて」という質問に対して(問9より)

選挙権年齢が18歳以上に引き下げられることについて質問したところ、「20歳のままでよいと思う」が59.9%と最も多く、「わからない」が19.1%、「18歳にしてほしい」が16.2%という結果になりました。

  • 選挙権があれば投票に行こうと思う理由は

「国民として投票するべきだと思うから」が1位。

  • 行こうと思わない理由は

「政治に関心や興味を持っていないから」が1位。

・・・「選挙権があれば投票に行こうと思う理由、行こうと思わない理由」の質問に対して(問10、問11(1)、(2)より)

今もし選挙権があれば、投票に行こうと思うかどうかについて質問をしたところ、「行こうと思う」(「必ず行こうと思う」、「できれば行こうと思う」)は62.7%となり、一方で「行こうと思わない」(「あまり行こうと思わない」、「まったく行こうと思わない」)は28.0%という結果となりました。

選挙権があれば投票に「行こうと思う理由」および選挙権があっても投票に「行こうと思わない理由」を質問しました。「行こうと思う」理由は「国民として投票するべきだと思うから」(44.6%)が最も多く、次いで「国民の権利であるから」(33.3%)、「投票することで政治がよくなると思うから」(13.2%)、「政治や政治家に関心があるから」(4.2%)、「支持する候補者・政党があるから」(1.9%)と続いています。一方で「行こうと思わない」理由は「政治に関心や興味を持っていないから」 (33.0%)が最も多く、次いで「投票しても政治がよくなると思っていないから」(31.5%)、「政治や政治家を信じていないから」(19.3%)、「支持する候補者・政党がないから」(8.8%)と続いています。

お問い合わせ

滋賀県選挙管理委員会事務局 
電話番号:077-528-3233
FAX番号:077-528-4820
メールアドレス:senkan@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。