文字サイズ

第7回世界水フォーラム(韓国テグ市等)への参加および県民参加支援補助金のお知らせ

来月4月12日(日曜日)から17日(金曜日)までの6日間、韓国テグ市およびキョンジュ市において第7回世界水フォーラムが開催されます。

本県からは西嶋副知事をはじめ県職員が参加し、世界の水政策における湖沼環境の保全の重要性や、30周年を経過した世界湖沼会議の成果、流域治水政策や下水道施策等を世界に向けて発信するとともに、滋賀大学と共同でブース出展を行い、琵琶湖の環境政策や水環境ビジネス情報、滋賀の観光情報等についても幅広く提供し、海外に向けて滋賀県全般についてアピールする予定です。

また、県民や県内NPO等の当フォーラムへの参加を促進するため、参加者には参加登録料への補助を行いますので併せてお知らせします。

1. 第7回世界水フォーラムの概要

  • 期間:平成27年(2015年)4月12日(日曜日)~17日(金曜日)
  • 場所:韓国テグ市およびキョンジュ市
  • 主催:世界水会議(World Water Council)、韓国国内委員会等
  • 開催テーマ:Water for Our Future(我たち未来のための水)
  • 開催規模:前回フランス大会(世界173か国から約34,000名参加)と同規模を想定
  • 内容:閣僚級を含む会合など、行政、研究者、企業、NGO等の様々な主体による会合が開かれる他、大規模なブース出展が行われる。

2. 本県からの参加概要

(1)地方自治体プロセスへの参加(キョンジュ市)

  • 日時:4月14日(火曜日)9時00分~【西嶋副知事】
  • 本県からの発信内容:世界の地方自治体の首長等の代表者が集まる会議において、これまでの世界湖沼会議の歴史や成果等の実績を紹介し、世界における水問題の議論の中で、湖沼環境の保全が重要なポイントであることを訴える。

(2)滋賀大学主催のセッション(テグ市)

  • 日時:4月14日(火曜日)17時20分~【西嶋副知事】
  • セッション名:「世界の湖沼流域の統合的水資源管理における利害関係者の参加と資金調達」
  • 本県からの発信内容:閉鎖性水域である琵琶湖におけるせっけん運動の歴史や水質改善の取組を紹介するとともに、現在特に課題となっている生態系の問題への対応、山~川~里~湖のつながり再生の視点や水源涵養における財政の取組等について発信し、国内外の参加者と議論を行う。

(3)テクニカルセッションへの参加(職員が参加:テグ市)

  • セッション名:「すべての人のために統合的なサニテーションを」 【下水道課北井主任技師】
  • セッション名:「統合的水資源管理のSMARTな実行」 【流域政策局辻主幹】
  • セッション名:「有効なガバナンス政治的決断とステークホルダーの参加、技術情報の向上」 【琵琶湖政策課石河課長、望月主幹】

(4)ブース出展(テグ市EXCO会場)

  • 日時:4月12日(日曜日)~17日(金曜日)の6日間
  • 本県からの発信内容:本県と滋賀大学が共同でブース出展を行い、琵琶湖の環境政策や水環境ビジネス情報、滋賀の観光情報等を幅広く提供し、海外に向けて滋賀県全般についてアピールする。

3. 県民参加支援補助金の概要

  • 世界水フォーラムへの参加登録料について、県内在住者及び県内に通勤・通学している者を対象として、一人あたり20,000円を上限に予算の範囲内で補助を行う。
  • 当補助金の申請を希望される方は、琵琶湖政策課水政策担当(077-528-3461)までお問い合わせください。

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部琵琶湖保全再生課
電話番号:077-528-3461
FAX番号:077-528-4847
メールアドレス:dk00@pref.shiga.lg.jp