文字サイズ

展示「湖東を結ぶ鉄路―地域が支えた近江鉄道―」の開催について

 滋賀県庁では、明治から昭和戦前期(一部戦後期含む)にかけて作成された公文書を歴史的文書として大切に保管しています。県政史料室では歴史的文書について広く知っていただくために、平成20年の開室以来、滋賀県にまつわるテーマを選び、展示を行ってきました。今回は、1月25日から「湖東を結ぶ鉄路」と題した展示を下記の要領で開催いたします。
 今年は、明治29年(1896)に会社設立の認可を受けた近江鉄道(株)が120年を迎える年にあたります。同社は沿線の江州米をはじめとする産物を搬出するため、湖東地域と伊賀・伊勢・濃尾・加越方面とを結ぶ往来の利便性向上のために創業されました。当初予定した鉄道敷設区間は、彦根―深川(現在の草津線甲南駅)間でしたが、資金難の影響からまずは彦根―八日市間から工事が進められます。そして残りの路線は、最終的に八日市―貴生川間へと変更が加えられ、官設鉄道(現在の東海道本線)と関西鉄道(草津線)を連絡しました。創業発起人には、大東義徹・西村捨三ら旧彦根藩士や日野・水口・能登川などの近江商人が見られます。
今回は、西村が「辛苦是経営」(しんくこれけいえい)と言葉を残したように、経営の苦労を強いられた近江鉄道が、どのように路線の維持・発展に努めたのか御紹介します。また、後に合併した八日市鉄道(湖南鉄道)の関連史料も展示します。

展示概要

  1. 展示題目
    「湖東を結ぶ鉄路―地域が支えた近江鉄道―」
  2. 展示期間
    平成28年1月25日(月曜日)~平成28年3月17日(木曜日)
  3. 展示場所
    県政史料室(県庁新館3階 県民情報室内)
  4. 開室日時
    月曜日~金曜日(祝日を除く)午前9時~午後5時
  5. 展示内容
    滋賀県に所蔵されている公文書、21点(複製含む)
    貸借資料、1点
  6. 問合せ先
    県政史料室(滋賀県総合政策部県民活動生活課 県民情報室内)
    TEL:077-528-3126
    FAX:077-528-4813

E-mail:kenmin-j@pref.shiga.lg.jp

関連リンク

お問い合わせ

滋賀県総合企画部県民活動生活課県民情報室
電話番号:077-528-3126
FAX番号:077-528-4813
メールアドレス:kenmin-j@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。