文字サイズ

「特殊詐欺多発警報」の発令

本県では、本年6月9日から県内全域に「特殊詐欺多発注意報」を発令し、県民の皆様に特殊詐欺被害への警戒を呼びかけていたところですが、注意報発令期間中(6月15日正午現在)も、主に高齢者を対象とするオレオレ詐欺や還付金等詐欺などの特殊詐欺被害が連続発生しており、今後も同様の被害の発生が懸念されることから、「滋賀県子ども、女性、高齢者等を守る犯罪多発警報等発令制度」に基づき、下記のとおり、「なくそう犯罪」滋賀安全なまちづくり実践県民会議会長(滋賀県知事)名による「特殊詐欺多発警報」を注意報から切り替え発令します。
 

  1. 多発警報の発令期間等
    発令期間:平成28年6月15日(水曜日)から6月24日(金曜日)までの10日間
    発令地域:県内全域
  2. 被害の発生状況
    1. 特殊詐欺多発注意報発令期間中(6月9日~6月15日正午現在)
      認知件数 6件
      被害額 約750万円
      ※ 内訳 オレオレ詐欺 1件、還付金等詐欺 2件、架空請求詐欺 3件
      ※ うち高齢者被害 認知件数 3件、被害額 約700万円
    2. 平成28年1月~6月15日正午現在の累計
      認知件数 59件(※ うち高齢者被害 21件)
      被害額 約8,740万円(※ うち高齢者被害 約5,410万円)
  3. 対策
    1. 県民総ぐるみによる広報啓発活動の推進
      県、市町、「なくそう犯罪」滋賀安全なまちづくり実践県民会議等の関係機関・団体の各広報媒体(広報誌、機関誌、有線放送、ホームページ等)を活用した広報活動や、県民等との協働による被害防止啓発活動を推進します。
    2. 高齢者への注意喚起(警察の対策)
      高齢者宅への個別訪問等による注意喚起を実施します。
    3. コンビニエンスストア等電子マネー販売店への協力依頼(警察の対策)
      • 電子マネー購入者への声かけの徹底と啓発チラシの配布依頼
      • 不審点がある場合の警察への通報依頼
      • 店員による声かけ訓練の実施
    4. 金融機関への立ち寄り強化(警察の対策)
      金融機関に対して、現金を引き出す高齢者等への声掛けの徹底を依頼するとともに、無人ATM機に対する警戒、注意喚起を強化します。
    5. 特殊詐欺電話撃退装置貸出し事業の積極的運用(警察の対策)
      特殊詐欺電話撃退装置の貸出し事業を実施中ですが、広報啓発を通じて事業のさらなる周知を図り、貸出し事業の積極的な運用を図ります。
    6. 取締り活動の強化(警察の対策)
      だまされたふり作戦等、県民に早期の通報と捜査への協力を呼びかけ、「特殊詐欺総合対策プロジェクトチーム」を中心とした事件検挙に努めます。

4 知事からの緊急メッセージ

 現在、県内で特殊詐欺被害が多発しています。

「なくそう犯罪」滋賀安全なまちづくり実践県民会議は、本年6月9日から、県内全域に「特殊詐欺多発注意報」を発令して、県民の皆様に注意喚起を行ってまいりました。

 しかしながら、発令期間中も、息子を騙るオレオレ詐欺や還付金等詐欺が発生し、さらには、電子マネー被害による架空請求詐欺が連続発生するなど被害が日に日に拡大しており、今後も被害が発生することが懸念されます。

 そこで、本日、県内全域に発令していた多発注意報を「特殊詐欺多発警報」に切り替え、県民の皆様にさらなる注意喚起を呼びかけます。

 決して「私は大丈夫」だとは思わず、「これは怪しい電話ではないか?」と御注意いただくとともに、周囲の方の様子も気にかけてください。

 県民の皆様や金融機関・電子マネー販売店等の事業所の方々と一体となった、県民総ぐるみによる特殊詐欺被害防止活動を展開していきますので、引き続き、特殊詐欺被害防止対策への御協力をお願いします。

 平成28年6月15日
「なくそう犯罪」滋賀安全なまちづくり実践県民会
議会長滋賀県知事 三日月 大造

※ 犯罪発生状況等は、滋賀県警察本部生活安全企画課にお問い合わせください。

お問い合わせ

滋賀県総合企画部県民活動生活課
電話番号:077-528-3414
FAX番号:077-528-4838
メールアドレス:cd00@pref.shiga.lg.jp