文字サイズ

展示「近江八景の近代~受け継がれていく風景~」の開催について

7月1日は「びわ湖の日」です。古来から琵琶湖周辺は風光明媚な地として人々に愛されてきました。その中でも、最も有名な景観が、江戸時代初期にパッケージ化された「近江八景」です。近江八景とは、中国の「瀟湘八景」に倣って選ばれた8つの名勝で、一説では膳所城からの眺望が詠われたと言われており、江戸時代後期に歌川広重の浮世絵で広く普及しました。
一方、現在の近江八景をみてみると、「石山秋月」「三井晩鐘」など時代が変遷しても変わらないものや、「粟津晴嵐」「矢橋帰帆」のように、既に失われた風景もあります。また、「瀬田夕照」の舞台である唐橋は、その色をめぐって現在でも議論がなされてきました。江戸時代には、どの場所も等しく名勝として親しまれた近江八景ですが、現在のあり方は大きく異なっています。
今回の展示では、よく知られている浮世絵で描かれた景観が近代になってどのように変わっていったのか、その歴史をご紹介します。例えば、唐橋は明治から大正期にかけて3度架け替えが行われていますが、この間に木橋から鉄橋へと徐々に近代化されました。
あまり馴染みのない「近江八景の近代」について、県の歴史的文書を通じて皆様に知っていただくきっかけとなれば幸いです。

展示概要

1. 展示題目
「近江八景の近代~受け継がれていく風景~」

2. 展示期間
平成29年5月29日(月曜日)~平成29年7月27日(木曜日)

3. 展示場所
県政史料室(県庁新館3階 県民情報室内)

4. 開室日時
月曜日~金曜日(祝日を除く)
午前9時~午後5時

5. 展示内容
滋賀県歴史的文書14点(複製含む)、その他関係パネル20数点

6. 問合せ先
県政史料室(滋賀県県民生活部県民活動生活課県民情報室内)
電話 077-528-3126
FAX 077-528-4813
E-mail kenmin-j@pref.shiga.lg.jp

関連リンク

お問い合わせ

滋賀県総合企画部県民活動生活課県民情報室
電話番号:077-528-3126(県政史料室)
FAX番号:077-528-4813
メールアドレス:kenmin-j@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。