文字サイズ

平成27年滋賀県観光入込客統計調査結果について

概要

  1. 調査方法
    この調査は、平成27年の観光客の入込状況について、県内の市町から寄せられた報告を集計したものである。
  2. 調査地点
    県内の観光地で年間入込客数が1,000人以上見込まれる観光地において調査を実施し、766地点について計上した。
  3. 調査の期間
    平成27年1月から12月までの1年間の調査を集計した。

調査結果

(1)平成27年滋賀県延観光入込客数

延観光入込客数 :47,941,200人で、前年比 1,612,600人 (3.5%)増加

宿泊客数 : 3,828,800人で、前年比 502,500人 (15.1%)増加

外国人延観光入込客数 : 475,778人で、前年比 192,838人(68.2%)増加

外国人宿泊客数 : 361,652人で、前年比180,676人(99.8%)増加


・平成27年の延観光入込客数は、前年の消費税増税による観光需要縮小の反動と円安等により海外旅行から国内旅行へのシフト傾向が見られたことなどが要因で、前年より1,612,600人(+3.5%)増加し、本統計開始史上最高の47,941,200人であった。

・とりわけ、女性をターゲットにした魅力発信事業「旅せよ乙女。虹色エモーション」によるプロモーション、宿泊料金が最大半額助成される「滋賀ふるさと旅行」の実施、「第39回全国高等学校総合文化祭(びわこ総文)」といった大型事業の効果もあり、近隣の観光施設や宿泊施設に好影響が見られた。

・宿泊客数については、上記事業の効果や外国人観光客の来県好調、京都や大阪を訪れる観光客の流れを本県に取り込めたことなどが要因で、本統計開始史上最高を記録した。

・外国人延観光入込客数・宿泊客数については、近年の査証発給要件の緩和や格安航空会社(LCC)の普及、円安による割安感、平成26年10月からの免税対象品目の拡大、クールジャパンの評価の高まりなどの影響により、平成26年と比較して大幅増加となった。

(2)観光入込客数上位の施設

・観光入込客数が1番多かったのは「黒壁ガラス館」(長浜市)で、26年の反動(黒田官兵衛博覧会)で大幅に減少したが、2年連続の1位となった。2位は平成27年1月に新規オープンした、たねやグループの「ラコリーナ」(近江八幡市)となった。

(3)その他

お問い合わせ

滋賀県商工観光労働部観光振興局観光政策室
電話番号:077-528-3743
FAX番号:077-528-4877
メールアドレス:ff00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。