文字サイズ

「在来魚介類のにぎわい復活」に向けた研究の成果報告書を作成しました

県では、多くの要因が関係しあうことで複雑化・多様化している琵琶湖環境の課題に対して、県の行政部局と試験研究機関が一堂に会して、課題の把握から、調査研究の実施、研究成果を踏まえた対策の立案に至る琵琶湖と環境の保全スキームとして、琵琶湖環境研究推進機構(以下「推進機構」という。)を平成26 年4 月25 日に設置しました。

推進機構では、琵琶湖における喫緊の課題である「在来魚介類のにぎわい復活」に向けた研究に取り組み、今般、平成26年度から平成28年度の3ヵ年の研究成果報告書を作成しましたのでお知らせします。

在来魚介類のにぎわい復活に向けた研究成果報告書(平成26年度から平成28年度)

参考資料

平成29年度以降の取組

「在来魚介類のにぎわい復活に向けた研究」では、「生息環境」と「餌環境」のつながりに着目して実施し、現況評価や生物生息に望ましい条件を把握するなど、施策を検討する上での基礎的な研究の成果を得ることができました。

平成29年度以降は、得られた成果を対策の立案につなげるため、より実証的な研究等を進めてまいります。

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部環境政策課 
電話番号:077-528-3354
FAX番号:077-528-4844
メールアドレス:de0002@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。